人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
2ブラボー
0イマイチ
評価リンケージ型社員教育サービス
「エンカレッジ」レポート
vol.45
組織を成長させるために、どのような能力を高めれば良いか...
組織課題を明確にして解決し、前年比110%の業績成長につなげたエンカレッジ活用法

会社の業績、組織の成長は社員一人ひとりの成果の積み重ねによって生み出されます。
特に外部環境の変化が激しい現在において、一人ひとりの能力向上、成長は重要になります。

社員教育を通して期待する成果を得るためには、社員一人ひとりの伸ばすべき能力を明確にして必要な教育を提供し、本業に置き換えて実践をしていく仕組みづくりと運用が必要です。

今回は社員教育の実施にあたり、組織課題解決にエンカレッジの仕組みを用い、前年比110%の業績成長につながった事例をご紹介します。

売上アップ・コスト削減・定着率改善など
導入成功事例も多数!
エンカレッジの資料・活用成功事例を
ご希望の方はこちらよりお申込ください。
エンカレッジの資料請求はこちら
活用実例レポート
企業プロフィール
設立:2000年4月
業種:産業用機械の輸入・販売
従業員数:50名
抱えていた課題
社員や組織の現状・課題を把握し、必要な教育を実施したい。

産業用機械の輸入・販売を行っている同社。業績目標を達成するためには一人ひとりの成果が業績に大きな影響を与えることから、教育への投資強化を検討されていました。

社員教育による効果を得るため、社員はどのような能力を身につければよいか、組織としてどのように育成に取り組めばよいか明確したいと考えられていました。
取組事例
「キャリアセレクタビリティ®️テスト」で一人ひとりの強化項目を可視化。
講座の受講と合わせて、社員の主体性を高める仕組みを作る。


エンカレッジ導入にあたり、個人の考え方・能力の強み・弱みを可視化する。

「キャリアセレクタビリティ®️テスト」を実施したところ、「目標必達性」(※1)「自己変革性」(※2)が20点満点中6点前後と他項目と比べて低いことが判明。

※1「目標必達性」の定義:常にチャレンジングな目標を掲げ、達成に強い執着心をもっている
※2「自己変革性」の定義:自己の現状に満足せず、学習や研鑽に努め、自分自身の改善、革新に挑戦している


そこで、この2項目を高めるため、該当するエンカレッジ講座を全社員が受講。

【「目標必達性」を高める】
・「目標を必ず達成する人の考え方 〜目標必達の原動力となる2つの要素〜」
・「タイムマネジメント 〜成果をあげるための時間と業務の管理術〜」

【「自己変革性」を高める】
・「主体的に変革するための『はじめの一歩』 〜自分を変えるためにスグできること〜」

また、社内会議の場で「KAIZENシート」(※3)をもとに、エンカレッジ受講後に設定した行動目標の共有や社内の改善につながる意見交換を実施。

講座を受けて終わりではなく、自分の行動変革や組織の成長に向けて社員が主体的に参加する仕組みを作りました。

※3「KAIZENシート」とは、エンカレッジ講座の受講後に講座で学んだ内容や自身の業務で活かすための具体的な行動計画を記入し、提出するシート。受講後の学びを行動につなげたり、コミュニケーションをとることが可能となります。

※『キャリアセレクタビリティ®️』とは、エン・ジャパンが独自に定義した、「プロとしていかなる環境や境遇に置かれても、どこでも活躍できる人材」の考え方・能力のこと。「キャリアセレクタビリティ®️テスト」では考え方・能力の発揮度合いを測定することで、一人ひとりの強み・弱みを明確にすることができます。
取組の成果
社員から会社に対する改善提案が出るなど、社員の「主体性」が向上。
目標達成のための意識、行動も変わり、業績も前年比110%の成長を実現。


エンカレッジ講座の受講、全社員会議の実施などの取り組みの結果、最初は社長が一方的に話すことが多かった状態から、徐々に社員から意見が出るようになってきました。

また、受講後に記入する「KAIZENシート」にも、組織改善につながる提案が記入され、採用された提案からも生産性向上などの効果が生まれています。

社員の目標達成に対する意識、行動の変化により、業績面でも前年比110%の成長を実現。長期的な目標達成はまだ先にあるものの、社員一人ひとりが成長を実感できており、社長もさらなる成長を期待されています。
ポイント
  • 1「キャリアセレクタビリティ®️テスト」によって社員一人ひとりの強み・弱みを可視化し、教育によって強化したい項目を明確にした。
  • 2可視化された強化項目と関連するエンカレッジ講座を受講。受講後の「KAIZENシート」を通して目標の共有や組織改善の意見交換を行い、社員の主体性醸成につなげた。
エンカレッジ事務局からのコメント
社員の能力向上、組織全体の強化につながる教育を実施するためには、社員一人ひとりの現状の能力や組織の課題を明確し、強化すべき能力、解決すべき組織課題に合わせた教育の実施が求められます。

エンカレッジでは導入時に社員への目的共有、動機づけを行うために「キャリアセレクタビリティ®️研修」を実施します。

また、研修の中で「キャリアセレクタビリティ®️テスト」を行い社員一人ひとりの強み・弱みを発見します。

キャリアセレクタビリティ®️の項目に合わせたエンカレッジ講座を提供しており、テストで明確になった強みを伸ばすための講座、弱みを改善するための講座を選んで受講することができます。

また、受講後に記入する「KAIZENシート」に、学んだ内容と自分の仕事で活かすための具体的な取り組み、組織改善のための提案を記入するため、受講後すぐに実践し、成果につなげていただくことができます。

------

今回ご紹介した事例の他にも、エンカレッジによる社員一人ひとりの成長事例、組織全体への成果創出事例がございます。お気軽に担当営業、またはエンカレッジ事務局までお問い合わせください。
入社者の受入体制の改善により
早期離職の防止、活躍・定着促進につながります!
売上アップ・コスト削減・定着率改善など導入成功事例も多数!
エンカレッジの資料請求はこちら
社員が変わる。現場が変わる。-評価リンケージ型社員教育サービス
エンカレッジは、エン・ジャパン独自の「いかなる環境・境遇におかれても活躍できる人材」への成長を促す、評価リンケージ(=連動)型社員教育サービスです。
Point 1スタート時の目的共有、動機づけ
キャリアセレクタビリティ®研修では、キャリアセレクタビリティ®のセルフチェックテストやグループワークを通して、短期・中長期の行動計画、受講計画を作成することで、より主体的に講座の受講に臨むことができます。
実施を通じて、従来の教育では疎かにされてきた研修前後(事前診断・準備/研修後フォロー)の取り組みを充実させ、社員の行動変革を促進します。
キャリアセレクタビリティ®=「キャリアの自己選択力®
「プロとしていかなる環境や境遇に置かれても、どこでも活躍できる人材」の考え方・能力を、エン・ジャパンが独自に定義したもの。
Point 2全社員が継続して学びを築ける、安心・満足のサービス!
  • 選べるコンテンツ
    さまざまな役職や職種に適したテーマを設定。
    経営者・管理職・若手社員まで、幅広い階層に対応しており、考え方・能力の種類に応じた多様な講座ラインナップをご用意しています。
  • 働き方にあわせた受講スタイル
    通学講座とオンライン講座の2種類の受講スタイルを用意しています。
    社員の働き方にあわせて、ご選択ください。
  • 人と組織の変化を促す『KAIZENシート』
    講座の受講時には、必ず各講座内容に沿った「社員の自己改善のための行動計画」および「組織・会社への改善アイディア」の記入までを行います。
    これにより、社員のキャリアセレクタビリティ®の向上と、組織の活性化を促進します。
Point 3企業の採用力アップにも貢献!
採用HPや求人サイトでエンカレッジについて紹介することで、充実した自社の人材育成の取り組みをアピールすることができます。
エンカレッジは、20万人以上の受講者の方から、
95.3%という高い満足度を頂いています。
売上アップ・コスト削減・定着率改善など
導入成功事例も多数!
エンカレッジの資料・活用成功事例をご希望の方は
こちらよりお申込ください。
エンカレッジの資料請求はこちら
会員登録(無料)