人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
0ブラボー
0イマイチ
活躍できる人材の見極めに!
適性検査「3Eテスト」活用法
57
「社員が主体的に仕事に取り組むようになる」今、注目の理論
“やりがい”を生み出す「ジョブ・クラフティング」と適性テストの活用法

コロナ禍の状況が続く中、リモートワークや在宅勤務など社員の働き方も多様になってきています。

それに伴い、人事の方から、「社員の仕事に対するモチベーション低下」に関するお悩みを多く伺うようになってきました。

そこで今回は社員の“やりがい”を生み出し、主体的に仕事に取り組むようになるための理論である「ジョブ・クラフティング」のご紹介と、ジョブ・クラフティングへの適性テストの活用法をご紹介します。

「3Eテスト」無料トライアル実施中!
3Eテストの無料トライアルご希望の方はこちらよりお申込みください。
詳細・お申し込みはこちら!
「ジョブ・クラフティング」とは
ジョブ・クラフティングとは、働く人が主観的・主体的に仕事に新たな意味を見出し、仕事内容の範囲を変えたりすること。一人ひとりが自分で自分の仕事を意義深いものに変えていく、というものです。

この理論はアメリカのイェール大学経営大学院のエイミー・レズネスキー准教授とミシガン大学のジェーン・E・ダットン教授によって提唱されました。

誰かに指示されて「やらされている」仕事よりも、「自分から進んで行う」仕事の方が、本人にとってやりがいを得られ、創出できる価値を高められることができます。

その結果、従業員は仕事を通じた満足感や自己効力感を得られ、組織は従業員との関係性を改善させ、生産性や定着率の向上が期待できるというものです。
「ジョブ・クラフティング」の3つの次元
ジョブ・クラフティングの目的として、以下の3つの次元において変化を起こすことがあります。

■仕事のやり方や方法を変える
ジョブ・クラフティングでは、仕事に対して主体的に創意工夫を行い、業務の進め方や方法、仕組みを変えていく必要があります。

仕事を進めるために必要なスキルやノウハウを身につけたり、上司や先輩にアドバイスを求めたりするなどです。具体的な例として新規営業開拓の際、電話よりメールでのコミュニケーションが得意な人がテレアポからメールでのアプローチに営業方法を切り替える、などがあります。

その他、新しい業務管理システムや仕組みを導入するといったアプローチもあります。


■人間関係に対する考え方や関わり方を変える
仕事を進める際、自分ひとりで完結することはなく、必ず他者とのコミュニケーションが発生します。仕事に関わる相手との接し方やコミュニケーションのとり方を工夫し、より良好な人間関係を築くことが必要です。

相手のことを深く理解し、お互いにより良い人間関係につながるコミュニケーションを取ることで、個人だけでなく、組織としても大きな成果創出につながっていきます。


■仕事に対する意義の捉え方を変える
ジョブ・クラフティングの考え方を通して、自分の仕事に対する考え方や捉え方、仕事の意義を再定義していきます。

「指示されたことだから」といった受け身の姿勢から、「自分はこの仕事を通じて、誰に対してどのような価値を提供するか」ということを考え、自分なりの考え方や意義を見出すことによって仕事に対するやりがいを得やすくなります。

また自分なりの仕事に対する意義を持つことにより、日々の仕事に対する取り組み方も変わり、成果も得やすくなります。
適性テストを活用したジョブ・クラフティングの取り組み
エン・ジャパンの適性テストでは本人の仕事における性格特性や価値観について測定し、数値で可視化することができます。

また、エン・ジャパンの適性テストは測定結果を本人と共有することで、仕事における自分自身の強み・弱みを理解でき、ジョブ・クラフティングに活用していただけます。

強みである特性を仕事で発揮しながら、弱みとなっている特性に関して仕事に対する考え方や行動を変え、また周囲からも的確なフォローを行うことによって、弱みを補っていくことが可能となります。


また、新たにエン・ジャパンで開発した適性テスト「Chemistry(ケミストリー)」では、仕事において、自分や相手がどのようなコミュニケーションのとり方をしているかを理解し、お互いを活かしあうことで、チームや組織での相乗効果をたかめることができます。

約6分間のテストで自分や社員のコミュニケーションタイプを測定することができ、誰と誰の相性が良いかがひと目で分かります。

受験結果にはタイプに合わせたコミュニケーションのポイントやNGなコミュニケーション例も示しているので、人間関係の改善、再構築に活用していただけます。
まとめ
「ジョブ・クラフティング」は2001年頃に提唱されたものですが、仕事の複雑化や組織と従業員との関係性の変化などに伴い、ここ数年の間で注目度が高まっていました。

さらにコロナ禍によって個人で仕事を行う機会が増加したことにより、社内外における人間関係が希薄化し、他者と関わることによって得られる仕事のやりがいが失われつつあることから、より一層、注目を集めるようになっています。

ジョブ・クラフティングを取り入れることによって、一人ひとりの仕事の捉え方や人間関係を通じて得られるやりがいを再構築し、従業員のパフォーマンスや定着率の改善につなげることができます。


ジョブ・クラフティングに関する詳しい解説や具体的な実践方法については、入社後活躍研究所の『社員の「働きがい」を生みだす『ジョブ・クラフティング』を首都大学東京 高尾教授に聞く!』もあわせてご覧ください。


また、その他の適性テストの活用法に関するWebセミナーも随時開催しております。
無料でご参加いただけますので、ぜひご参加をお待ちしています。

入社後の活躍・定着に関するセミナーの詳細・お申し込みはこちらから
https://lp.on-board.io/webinar2020.html
課題解決に役立った適性検査はコレ!
活躍できる人財を発見する。見極める。「3Eテスト」 3Eテストは、1987年からの販売実績で導入企業9,000社以上。
独自の検査項目で、「これからの時代に求められる人財」の採用成功を支援。
分かりやすい結果表示と短い検査時間で、採用担当者の手間を軽減します。
3E-IP 知能+性格・価値観テスト
3E-IPは、短時間で「求められる人財」を発見し、見極められるテストです。
学校名や入試偏差値に依存しないビジネスに必要な知的能力、
そして面接では分かりにくい性格やキャリアに対する価値観を測定します。
3Eテストの特徴
  • 結果が実践的!また定量的で分かりやすい!
    文部科学省や日本経団連のアンケート結果「選考で重視している点」や経営者人事担当者の声を反映した診断項目。偏差値・得点表記により定量的かつ分かりやすく理解できる内容になっています。
  • テスト時間約35分!
    実施企業と受検者の負担を軽減。一般的な学力検査・適性検査では、1時間以上の受検時間を必要とします。工夫された問題や出題形式で、短時間を実現しています。
3Eテストの活用例
  • 『求める人財』の発見・見極め
  • 人財の配置
  • 採用業務の効率化
  • 社員のストレスケアなど
「3Eテスト」無料トライアル実施中!
専用フォームからお申込み可能!応募は今すぐ!
お申込み・お問い合わせはこちら
※営業担当へのご連絡も受け付けております。
このコーナーのその他の記事
エン・ジャパンからのお知らせ
【エン転職】4年連続!利用者満足度No.1!
オリコン顧客満足度調査!4年連続!満足度No.1の転職サイトに選ばれました!
2021.7.2
2021年の採用市況を予測する中途採用市況レポート
昨年の総決算として、2020年の総振り返り・2021年採用市況予測をレポートにまとめました!
2021.2.8
保存版!『中途採用のやることリスト』まとめ
中途採用のフローチャート・ToDoリストをまとめた資料がダウンロードできます!ぜひご活用ください!
2020.12.17
「仕事価値観」と「どこでも通用する力」
PDF資料全文「無料」公開中!閲覧はこちらから!
2021.1.9
無料オンラインセミナー
人事業務に役立つセミナーのお申込みはこちらから!
2020.10.19
最新版の「雇用契約書」を無料ダウンロード!
正社員雇用契約用の書類フォーマット。法律上、雇用上のトラブル回避するための重要書類をご活用ください!
2021.12.13
大阪府の緊急雇用対策事業にエン転職が連携!
OSAKA求職者支援コンソーシアムのメンバーとして求職者を応援する取り組みを実施します。
2021.10.27
30万社が使ってる!求人出すなら『エンゲージ』
求人掲載・採用までを0円から。
2021.1.29
離職防止ツール『HR OnBoard』無償提供!
エン転職経由の入社者を対象に、社員の離職リスク可視化ツール『HR OnBoard』の無償提供を開始!
2020.1.20
『Talent Viewer』7月より提供開始!
採用・教育・評価の情報を一元管理できるタレントマネジメントシステムをリリースしました!
2020.3.21
会員登録(無料)