人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日10:00~18:00
1ブラボー
0イマイチ
活躍できる人材の見極めに!
適性検査「3Eテスト」活用法
59
採用市況が活発になっている今こそ見直したい
活躍社員のテスト結果の傾向から策定する「採用基準づくり」

コロナ禍で落ち込んでいた採用市況も戻りつつあり、企業の求人・採用活動も活発化しています。

一方、オンライン面接など採用活動も大きく変化しており、応募者の見極めが難しくなっています。自社にフィットし、活躍できる人物を採用するため、「採用基準」の見直しと策定を行う企業が増えています。

今回はテスト結果を用いた「テスト結果分析」の活用メリットと採用基準づくりへの活用法をご紹介します。

「3Eテスト」無料トライアル実施中!
3Eテストの無料トライアルご希望の方はこちらよりお申込みください。
詳細・お申し込みはこちら!
活躍しやすい応募者を見極めるための「採用基準」に関するチェック
経営者や人事、採用担当者の方々から伺った「採用基準」に関するお悩みをもとにチェックリストを作成しました。いくつあてはまるかご確認ください。

□ 明確な採用基準が定まっていない、または基準があいまいである
□ 採用基準を策定してから時間が経っており、今の状況にあっていない
□ 対面による面接での確認項目など、オンライン面接に適さない基準がある
□ 採用基準と活躍している社員の傾向にズレがある

1つでもチェックが入った方は、自社の「採用基準」を見直されることをおすすめします。
採用基準づくりにおける「テスト結果分析」活用の3つのメリット
1.活躍しやすい社員が発見しやすくなる
入社後に活躍しやすい人物を採用するには、現在活躍している社員と同様の特性、傾向を持つ応募者を見極め、採用するのが近道です。

現在、活躍している社員の傾向を把握することで、同じ傾向を持つ応募者を見極めることが できるようになります。


2.管理職の選抜、職種別の選考にも活用できる
管理職と一般社員との比較を行うことで、管理職の傾向が把握できます。管理職に向いている社員の発見や、管理職候補を採用する際の見極めなど、新たな管理職の選抜時に活用できます。

また、営業職と事務職との比較など、職種別の比較を行うことで、それぞれの職種における適性を持った人物の採用にも活用することができます。


3.定着しやすい応募者を見つけやすくなる
せっかく採用できた優秀な人物でも、会社や組織の風土に馴染めず不調を抱えてしまう、ということは少なくありません。

テスト結果分析の結果から会社・組織全体の風土を把握することで、入社後に定着しやすい応募者かどうかを見極めることができるようになります。
「テスト結果分析」の実施と採用基準づくりへの活用法
1.分析対象者の選定と分類
まずは分析を行う対象者の選定と分類を行います。

活躍している社員の傾向を知りたい場合は、活躍している社員と伸び悩んでいる社員を選定し、グループ分けを行います。

管理職の選抜に活用する場合は、管理職と一般社員を比較。職種別の傾向を把握する場合は、営業職と事務職での比較を実施するなど、様々な用途で活用が可能です。


2.分析対象者の適性テスト結果の分析
分析対象者の選定が完了したら、対象者に適性テストを実施し、テスト結果を分析します。分析結果は結果表とあわせてグラフで表示するため、グループごとの傾向の把握やグループ間での結果の比較が簡単に行なえます。

比較するグループ間で大きな差がある項目、統計的に有意差があると示されている項目に着目するようにします。
3.分析結果をもとにした採用基準づくり
分析結果をもとに採用基準づくりを行います。

活躍しやすい社員の採用基準を作る場合、現在活躍している社員と伸び悩んでいる社員との傾向を比較し、明確に差があると認められる項目を3、4項目選定後、採用活動時の選考基準として設定します。

応募者の適性テストの結果を策定した選考基準と照らし合わせ、基準を満たす応募者を選定して選考を進めることで、入社後に活躍しやすい応募者を見極めることができるようになります。

同様に管理職の選抜・採用や職種別の採用のおいても同じように分析結果から採用基準を策定して活用することで、見極めの精度を高めることができるようになります。
まとめ
入社後に活躍しやすい人物を採用する方法として、現在活躍している社員と同じ傾向を持つ応募者を見極めて採用する、というのはとても有効な方法です。

従来は対面による面接で見極める手法が多くありましたが、コロナ禍によるオンライン面接の普及にあわせ、性格特性などの内面から見極める需要の高まりにより、客観的に評価ができる適性テストを用いた見極め、採用基準づくりの需要が高まっています。

オンライン面接で活用できる採用基準づくり、活躍している社員の傾向分析など、お気軽にエンの担当営業、またはテスト事務局までお問い合わせください。

また、その他の適性テストの活用法に関するWebセミナーも随時開催しております。
無料でご参加いただけますので、ぜひご参加をお待ちしています。

入社後の活躍・定着に関するセミナーの詳細・お申し込みはこちらから
https://lp.on-board.io/webinar2020.html
課題解決に役立った適性検査はコレ!
活躍できる人財を発見する。見極める。「3Eテスト」 3Eテストは、1987年からの販売実績で導入企業9,000社以上。
独自の検査項目で、「これからの時代に求められる人財」の採用成功を支援。
分かりやすい結果表示と短い検査時間で、採用担当者の手間を軽減します。
3E-IP 知能+性格・価値観テスト
3E-IPは、短時間で「求められる人財」を発見し、見極められるテストです。
学校名や入試偏差値に依存しないビジネスに必要な知的能力、
そして面接では分かりにくい性格やキャリアに対する価値観を測定します。
3Eテストの特徴
  • 結果が実践的!また定量的で分かりやすい!
    文部科学省や日本経団連のアンケート結果「選考で重視している点」や経営者人事担当者の声を反映した診断項目。偏差値・得点表記により定量的かつ分かりやすく理解できる内容になっています。
  • テスト時間約35分!
    実施企業と受検者の負担を軽減。一般的な学力検査・適性検査では、1時間以上の受検時間を必要とします。工夫された問題や出題形式で、短時間を実現しています。
3Eテストの活用例
  • 『求める人財』の発見・見極め
  • 人財の配置
  • 採用業務の効率化
  • 社員のストレスケアなど
「3Eテスト」無料トライアル実施中!
専用フォームからお申込み可能!応募は今すぐ!
お申込み・お問い合わせはこちら
※営業担当へのご連絡も受け付けております。
このコーナーのその他の記事
エン・ジャパンからのお知らせ
必見!2022年の中途採用予測レポート
これ一冊でよくわかる!2021年の総ふりかえり・2022年採用市況予測をレポートにまとめました!
2021.12.22
【エン転職】4年連続!利用者満足度No.1!
オリコン顧客満足度調査!4年連続!満足度No.1の転職サイトに選ばれました!
2021.7.2
保存版!『中途採用のやることリスト』まとめ
中途採用のフローチャート・ToDoリストをまとめた資料がダウンロードできます!ぜひご活用ください!
2020.12.17
「仕事価値観」と「どこでも通用する力」
PDF資料全文「無料」公開中!閲覧はこちらから!
2021.1.9
無料オンラインセミナー
人事業務に役立つセミナーのお申込みはこちらから!
2020.10.19
最新版の「雇用契約書」を無料ダウンロード!
正社員雇用契約用の書類フォーマット。法律上、雇用上のトラブル回避するための重要書類をご活用ください!
2021.12.13
大阪府の緊急雇用対策事業にエン転職が連携!
OSAKA求職者支援コンソーシアムのメンバーとして求職者を応援する取り組みを実施します。
2021.10.27
30万社が使ってる!求人出すなら『エンゲージ』
求人掲載・採用までを0円から。
2021.1.29
離職防止ツール『HR OnBoard』無償提供!
エン転職経由の入社者を対象に、社員の離職リスク可視化ツール『HR OnBoard』の無償提供を開始!
2021.1.20
会員登録(無料) ログイン