人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日10:00~18:00
0ブラボー
0イマイチ
活躍できる人材の見極めに!
適性検査「3Eテスト」活用法
56
人事に"相性"の観点を ―エン・ジャパンの新しい適性テストを紹介
仕事におけるコミュニケーションの「4つのタイプ」と採用・配置配属・育成・組織活性化への活用法

仕事上でのやりとりにおいて、「伝えている内容が、相手にきちんと伝わっていない気がする…」、「相手が話している内容がよく理解できない」などと感じることはないでしょうか。

このような問題は、相手にあっていないコミュニケーションのとり方を行っている場合に起こります。相手がどのように物事を捉えて判断するかを把握し、相手にあわせたコミュニケーションをとる必要があります。

今回は仕事におけるコミュニケーションの「4つのタイプ」の紹介と、自分や相手がどのタイプに該当するか、自分と相手との相性は良いかどうかを測定する新しい適性テスト「Chemistry(ケミストリー)」を紹介します。

「3Eテスト」無料トライアル実施中!
3Eテストの無料トライアルご希望の方はこちらよりお申込みください。
詳細・お申し込みはこちら!
仕事におけるコミュニケーションの「4つのタイプ」
仕事において、自分や相手がどのようなコミュニケーションのとり方をしているか。

まずそれを理解するため、エン・ジャパンではユング心理学のタイプ論をベースに、「物事の捉え方・理解の仕方」、そして「判断の仕方・伝え方」の2つの軸でコミュニケーションのタイプを分類しました。

「物事の捉え方・理解の仕方」には、客観的な事実や詳細なデータで捉える「事実」型と、これまでの経験や知識をもとに全体像や本質を直観やひらめきで捉える「直観」型に分類されます。

「判断の仕方・伝え方」には、論理性や合理性、客観性を重視して判断する「論理」型と自分の感情や感覚、その場の雰囲気などで判断する「感覚」型に分類されます。

これら2×2の性質を組みわせた、以下の4つのタイプで分類しました。

「事実」-「論理」型:
きっちり細かく着実な理論派タイプ
「直観」-「論理」型:
ひらめきとドライな判断の合理的タイプ
「事実」-「感覚」型:
じっくり丁寧で柔軟に対応する人情派タイプ
「直観」-「感覚」型:
ざっくり感情優位で思い立ったら即行動タイプ
これら4つのタイプの中から、自分や相手がどのタイプに該当するかを知り、相手のタイプに合わせた情報の受け取り方、伝え方をすることで、コミュニケーションを円滑に進めることができるようになります。
コミュニケーションの「4つのタイプ」の活用方法
コミュニケーションの「4つのタイプ」は、以下のような場面で活用いただけます。

【採用】
応募者のタイプを把握することで、応募者と相性の良い面接官をアサインし、面接の場における関係構築や魅力付けが行いやすくなります。

【配置】
新入社員のタイプを把握することで、相性の良い組織や育成担当との組み合わせが行いやすくなります。配属後のスムーズな受け入れや定着を促します。

【育成】
部下のタイプを理解することで、相手に合わせた効率的なマネジメントが可能になります。

【組織の活性化】
社員同士のタイプを理解しあうことで、仕事上でのミスコミュニケーションを減らし、円滑な人間関係を構築することができます。またタイプ毎の特性に応じた役割分担を行うことで、各社員の強みを発揮し、弱みを補う補完関係を築き、組織の活性化につなげることができます。

私たちエン・ジャパンの社内でもこれらの場面で活用していることに加え、すでにいくつかの企業に導入いただき、活用し始めていただいております。
チーム相性テスト「Chemistry(ケミストリー)」とは
お互いを活かし、チームや組織での相乗効果を上げるために、エン・ジャパンではこのコミュニケーションの「4つのパターン」を測定する適性テスト「Chemistry(ケミストリー)」を開発し、リリースいたしました。

約6分間のテストで自分や社員がどのタイプに該当しているかを測定することができます。

受検者の結果をグラフ上に一覧で表示するとともに、誰と誰の相性が良いかを数値で表示するため、受検者同士の相性もひと目でわかるようになっています。

また、受検者のタイプに合わせたコミュニケーションのポイント、NGなコミュニケーション例も示し、採用面接や配置・配属、育成などの場面にすぐに活用いただけます。

今なら「Chemistry(ケミストリー)」のウェブサイトから無料トライアルもお申し込みいただけます。ぜひお問い合わせください。

▼チーム相性テスト Chemistry(ケミストリー)の詳細・お問い合わせはこちらから
https://teamtest-chemistry.com/
まとめ
近年、ビジネスシーンにおける「多様性」が広く認知されるようになってきました。相性が合う人だけ採用し、一緒に働くということは不可能な時代です。

性別や年齢、国籍、ライフスタイル、価値観など、人は一人ひとり異なるということを認識し、一人ひとりにあった多様な働き方を認め、活躍を支援することが求められています。

身近な社内でのコミュニケーションにおいても、一人ひとりの特徴を把握して理解し、相手に合わせたコミュニケーションをとるのがベストです。しかし、相手の特徴を詳細に把握することはもちろん、自分の特徴を相手に理解してもらうことも困難です。

一人ひとりの特徴をわかりやすくするため4つのタイプに分類して可視化し、円滑なコミュニケーションを取れるようにするために開発されたのがチーム相性テスト「Chemistry(ケミストリー)」です。

相性が"合う/合わない"で終わらずに、お互いに補い合い、相乗効果を発揮できるよう、一人でも多くの方にご活用いただければと思います。

「Chemistry(ケミストリー)」の詳細を知りたい方、無料トライアルを試してみたい方は、ウェブサイトからお問い合わせいただくか、お気軽にエン・ジャパンの営業担当、またはテスト事務局までお問い合わせください。
課題解決に役立った適性検査はコレ!
活躍できる人財を発見する。見極める。「3Eテスト」 3Eテストは、1987年からの販売実績で導入企業9,000社以上。
独自の検査項目で、「これからの時代に求められる人財」の採用成功を支援。
分かりやすい結果表示と短い検査時間で、採用担当者の手間を軽減します。
3E-IP 知能+性格・価値観テスト
3E-IPは、短時間で「求められる人財」を発見し、見極められるテストです。
学校名や入試偏差値に依存しないビジネスに必要な知的能力、
そして面接では分かりにくい性格やキャリアに対する価値観を測定します。
3Eテストの特徴
  • 結果が実践的!また定量的で分かりやすい!
    文部科学省や日本経団連のアンケート結果「選考で重視している点」や経営者人事担当者の声を反映した診断項目。偏差値・得点表記により定量的かつ分かりやすく理解できる内容になっています。
  • テスト時間約35分!
    実施企業と受検者の負担を軽減。一般的な学力検査・適性検査では、1時間以上の受検時間を必要とします。工夫された問題や出題形式で、短時間を実現しています。
3Eテストの活用例
  • 『求める人財』の発見・見極め
  • 人財の配置
  • 採用業務の効率化
  • 社員のストレスケアなど
「3Eテスト」無料トライアル実施中!
専用フォームからお申込み可能!応募は今すぐ!
お申込み・お問い合わせはこちら
※営業担当へのご連絡も受け付けております。
このコーナーのその他の記事
エン・ジャパンからのお知らせ
【エン転職】5年連続!利用者満足度No.1!
オリコン顧客満足度調査!5年連続!満足度No.1の転職サイトに選ばれました!
2022.6.1
ソーシャルインパクト採用プロジェクト
社会的なインパクトが特に大きい人材採用「ソーシャルインパクト採用」を支援するプロジェクトです。
2022.11.1
最新版の「雇用契約書」を無料ダウンロード!
正社員雇用契約用の書類フォーマット。法律上、雇用上のトラブル回避するための重要書類をご活用ください!
2022.1.13
求人・応募数・入社数も公開!エン転職の採用成功事例
職種・業種・エリア別に事例が検索可能!実際にエン転職に掲載された求人と、その応募数・入社数まで公開!
2022.7.31
「仕事価値観」と「どこでも通用する力」
PDF資料全文「無料」公開中!閲覧はこちらから!
2022.1.9
【iroots】優秀学生が集まる新卒スカウト
上位校比率70%!起業、長期インターン、団体立ち上げ、留学経験者多数登録。エンジニアやDX人材も。
2022.9.12
40万社が使ってる!求人出すなら『engage』
採用HP・求人掲載が無料。採用を0円で。
2022.5.27
【ASHIATO】一周年で導入企業300社突破
貴社にフィットする人材の採用をサポートするエン・ジャパンの新しいリファレンスチェックサービスです。
2022.6.2
離職防止ツール『HR OnBoard』無償提供!
エン転職経由の入社者を対象に、社員の離職リスク可視化ツール『HR OnBoard』の無償提供を開始!
2022.1.20
会員登録(無料) ログイン