人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
0ブラボー
0イマイチ
活躍できる人材の見極めに!
適性検査「3Eテスト」活用法
52
「コミュニケーションが取りづらい」「見極めが難しい」などのお悩みを解消!
オンライン採用活動における「適性テスト」活用法

採用活動における新型コロナウイルスへの対策として、Webツールを用いた面接などオンラインによる採用活動を導入する企業が増えています。

感染防止に加えて、場所を問わず実施できる事によるコストの削減、遠方からの応募者との面接もできて採用の幅が広がるなど、企業側・応募者側の双方にメリットがあります。

一方でオンラインによる採用活動において、「見極めがさらに難しくなった」、「コミュニケーションの難易度が上がった」などのお悩みの声も多く伺うようになってきました。

今回はオンラインでの採用活動におけるお悩みを解消させる適性テストの活用法をご紹介します。

「3Eテスト」無料トライアル実施中!
3Eテストの無料トライアルご希望の方はこちらよりお申込みください。
詳細・お申し込みはこちら!
オンラインを活用した採用活動にはこのようなメリットがあります。
・ 新型コロナウイルス感染の心配がない
・ 場所にとらわれず面接ができ、移動や場所にかかるコストを削減できる
・ 時間や場所の成約がないため、辞退リスクの削減や新たな応募者の獲得につながる
など
一方、オンラインによる採用活動に関して、このようなお悩みを多く伺います。
・ 対面に比べてコミュニケーションを取るのが難しい…
・ 対話中の表情や仕草がチェックしづらく、見極めが難しい…
・ 入社者のフォローが難しくなっている…
オンライン採用活動における「適性テスト」の活用メリット
・ 応募者の特性を事前に把握でき、面接前の事前準備がしやすくなる

エン・ジャパンの適性テストでは仕事における性格特性や、仕事に対する価値観などを測定します。

測定結果は偏差値や得点などの客観的な数値として出力されるため、オンライン面接を実施する前に応募者がどのような特徴を持っている人物かを把握することができ、事前準備がしやすくなります。

・ 応募者の内面を深堀りし、適性を見極める質問がしやすくなる

エン・ジャパンの適性テストは仕事におけるコミュニケーション力やストレス耐性なども測定します。

オンライン面接時にこれまでの経歴や実績を確認する上で、適性テストの結果を踏まえてどのように特性を活用してきたか、課題や困難をどのように乗り越えてきたかといった、応募者の内面を深堀りし、会社や組織、仕事に対する適性を見極めやすくなります。

・ 応募者の特性にあわせた入社前のフォローやコミュニケーションがしやすくなる

適性テストの結果をもとに応募者の特性、応募者の強み・弱みが把握しやすくなり、どのようにコミュニケーションを取ればよいかイメージしやすくなります。

入社前のフォローとして、適性テストの結果をフィードバックし、入社後に強みとなる特性、課題となりうる弱みを認識してもらい、フォロー体制があることを伝え、入社前の辞退防止につなげることができます。

また入社後の直属の上司とのコミュニケーションにおいても、お互いの適性テストの結果を見せあい、自己開示を含めたコミュニケーションを取ることで、どのような相手と一緒に仕事をしていくのかという理解が深まり、早期離職の防止、早期活躍・定着を促進させることができます。
事務局担当のコメント
コミュニケーションにおける大切なポイントは相手を理解すること
オンラインによる採用活動は一時的なものではなく、今後の採用活動において一般的な手法の一つとなっていきます。時間や場所の成約を受けずに実施できること、それによる時間や費用の削減などのメリットが大きいためです。

一方でオンライン採用は広まりつつあるものの、企業側・応募者側ともに不慣れな部分が多く、対面での活動に比べてデメリットも感じる点もあります。特にコミュニケーションにおける不安や懸念は多くあります。

コミュニケーションにおける大切なポイントは相手のことを理解し、相手にあわせたコミュニケーションを取ること。これはオンラインに限らず、対面でも同様です。

相手を理解し、相手の特徴にあわせたコミュニケーションを取る上で、適性テストの結果を用いて相手の特性、内面を理解するということはとても有効な手段となります。ぜひご活用ください。

また、エン・ジャパンでは適性テストの他にも採用から入社後の活躍を支援するためのサービスを数多く提供しております。それらのサービスを活用いただくための無料Webセミナーも開催しております。ぜひご参加ください。

入社後の活躍・定着に関するセミナーの詳細・お申し込みはこちらから
https://lp.on-board.io/webinar2020.html
課題解決に役立った適性検査はコレ!
活躍できる人財を発見する。見極める。「3Eテスト」 3Eテストは、1987年からの販売実績で導入企業9,000社以上。
独自の検査項目で、「これからの時代に求められる人財」の採用成功を支援。
分かりやすい結果表示と短い検査時間で、採用担当者の手間を軽減します。
3E-IP 知能+性格・価値観テスト
3E-IPは、短時間で「求められる人財」を発見し、見極められるテストです。
学校名や入試偏差値に依存しないビジネスに必要な知的能力、
そして面接では分かりにくい性格やキャリアに対する価値観を測定します。
3Eテストの特徴
  • 結果が実践的!また定量的で分かりやすい!
    文部科学省や日本経団連のアンケート結果「選考で重視している点」や経営者人事担当者の声を反映した診断項目。偏差値・得点表記により定量的かつ分かりやすく理解できる内容になっています。
  • テスト時間約35分!
    実施企業と受検者の負担を軽減。一般的な学力検査・適性検査では、1時間以上の受検時間を必要とします。工夫された問題や出題形式で、短時間を実現しています。
3Eテストの活用例
  • 『求める人財』の発見・見極め
  • 人財の配置
  • 採用業務の効率化
  • 社員のストレスケアなど
「3Eテスト」無料トライアル実施中!
専用フォームからお申込み可能!応募は今すぐ!
お申込み・お問い合わせはこちら
※営業担当へのご連絡も受け付けております。
このコーナーのその他の記事
会員登録(無料)