アンケート集計結果レポート 実施中のアンケートへ プレゼント当選者発表へ
第78回「育休3年について」中小企業『育休3年』に対して後ろ向き? 全体の55%が「あまり良くない」「良いと思わない」と回答(実施期間:2013年6月5日~2013年7月2日、有効回答数:380名)
今回は、2013年4月に安倍首相が成長戦略スピーチ内で提示した「3年間抱っこし放題での職場復帰支援」の中の1つである、
『育休3年』についてのアンケートを実施しました。

支援内容についてどう思うかという問いに対して、全体の55%が「あまり良くない」「良いと思わない」と回答、「非常に良い」
「まあ良いと思う」と回答したのは32%という結果になりました。
「あまり良くない」「良いと思わない」と回答した企業の理由は、「女性採用の意欲が減少する懸念がある」「社員側はキャリアの
中断や復職後の不安、企業側は人員確保の困難や復職後の配置について不安がある」という意見が多く、「非常に良い」
「まあ良いと思う」と回答した企業からは、「女性の社会進出が促進され、男女機会均等へ近づく」「選択肢が増えること自体は
いい」という意見が挙がりました。

『育休3年』について、実際に自社で推進していくか否かについては、「わからない」との回答が53%、「推進していこうと思う」が11%、「推進していこうと思わない」31%となりました。「推進していこうと思わない」の理由として「3年後の事業が安定している
かが分からない中で、3年後の社員復職を推進するのは非常に困難」という意見が挙がるなど、中小企業にとって“3年”は非常に長く、負担に感じる企業が多いようです。

全体の12%は、育児休暇を「取得せずに退職してほしい」と回答しているなど、企業によって“育児休暇”そのものに対する意見
が分かれ、結果、『育休3年』推進についても意見が割れているようです。貴社の育休制度や『育休3年』についての推進方法を
検討する上で、お役立ていただければ幸いです。
Q1. 『育休3年』について、ご存知ですか?
詳しく知っている:5%、詳しくはないが、大枠は知っている:57%、名前は知っている:22%、知らない:16%
Q2.Q1で「知っている」と回答した方に伺います。『育休3年』の支援内容についてどのように思いますか?
非常に良いと思う:6%、まあ良いと思う:26%、あまり良いと思わない:39%、あまり良いと思わない:16%、わからない:13%
「非常に良いと思う」と回答された方の理由
社員の生活の為、会社の為に繋がるものと考えています。
女性の社会進出が促進され、男女機会均等へ近づくので。
「まあ良いと思う」と回答された方の理由
利用する人がどれくらいいるかはわからないが、選択肢が増えるということ自体がいいことだと思うから。
子育ての観点からは育休3年はいいことだが、会社側から見ると、3年のブランクの影響は大きい。
「あまり良いと思わない」と回答された方の理由
職場復帰した際に以前のポジション等が不安定のため。
女性を採用する意欲が減少する懸念がある。復職時のブランクがあり復職先部署に苦労する。
中小企業側においては、復帰後の枠のことを考慮すると、休業期間中の人事戦略に一段と頭を抱えることになるのが実態。
3年のブランクがあると、復帰時に以前のような能力を発揮するのに時間がかかる。企業における、システムの進化や、取引のスピードの進化はかなりの変化を見ると思う。
ただ単に休めればいいということではなく、「子育てしながら働き続ける」ということが大切だと思う。例えば、時短勤務や保育所の併設など。また、長期休むことで、復帰が難しくなったり、給与の面でも影響してくる。
「良いと思わない」と回答された方の理由
<社員側>キャリアの中断 、復職後の不安、収入減への不安・・・<企業側>人員確保の困難 、復職後の配置。
3年も経てば職場環境も変わり、ほとんどの人は対応しにくくなるのではないかと思う。
「わからない」と回答された方の理由
会社にとってどのような影響があるのかが、現時点では不明だからです。
個人的には良いと思うが、経営者側は困ると思う。
Q3.貴社では、育児休業制度はありますか?
ある:90%、ない:7%、わからない:3%
Q4.Q3で「ある」と回答された方に伺います。貴社の育児休業制度は、最長何年取得できますか?
半年:43%、1年:35%、2年:10%、3年:3%、その他:9%
その他の意見
1年半。
基本は1年。保育園が決まらない場合は6ヶ月延長可能。
小学校始期まで。
勤続年数に応じて。
詳しく知らない。
Q5.Q3で「ある」と回答された方に伺います。実際に、貴社社員の皆さんは育児休業制度を取得されていますか?
■男性社員の取得 取得している:13%、取得していない:83%、わからない:4%
■女性社員の取得 取得している:81%、取得していない:18%、わからない:1%
Q6.Q3で「ない」と回答された方に伺います。育児休業制度がない理由を教えてください。(複数選択可)
企業規模が小さいから:96%、社員が特に望んでいないから:26%、経営者の意向:22%、必要性を感じないから:11%、その他:30%
Q7.女性社員の育児休暇取得について、どのように思われますか?
取得して復職してほしい:38%、どちらかと言えば、取得して復職してほしい:32%、どちらかと言えば、取得せず退職してほしい:9%、取得せず退職してほしい:3%、わからない:9%、その他:9%
その他の意見
本人の希望するほうでよい。
職種、ポジション、人物等によります。
人により退職してほしい場合と復職して欲しい場合があると思います。
明確に仕事を継続する意志があれば取得してほしい。
Q8.今後、『育休3年』について貴社内で推進していこうと思われますか?
推進していこうと思う:11%、推進していこうと思わない:31%、わからない:53%、その他:5%
「推進していこうと思う」と回答された方のコメントより
こういった制度が充実すれば、従業員の士気があがるため。
同じ職種に必ず戻れるという場合は少ないが、現在復帰している方を見ると会社にとって必要な方だと思うため。
社員の生活の為、会社の為に繋がるものと考えています。
「推進していこうと思わない」と回答された方のコメントより
人材の期間限定的な補充が発生する事及び復職者へのフォローにコストがかさむ為。
3年後の事業が安定しているかが分からない中で3年後の社員復職を推進するのは非常に困難であると思われるため。
現状の制度では企業の負担が大きく、助成が少ないから。
人件費増となり、企業経営に影響大となるから。
「わからない」と回答された方のコメントより
育休3年の意味をよく理解していないのでわかりません。
法律で義務化されれば別だが、現時点では検討対象とするほどのニーズはない。
辞められてしまうと、女性の採用が難しいため、辞められないような制度を考えていく必要がある。女性が働きやすい職場を増やす必要もあると感じる。
育児短時間制度や、育児時間、勤務地や担当業務、考えなければいけないことが多いので、どちらが良いか方向を決めかねている。
期間より、男性取得率が問題。
経営者次第。
「その他」と回答された方のコメントより
すでに実施している。
相談があれば積極的にのる。
法制化されれば取り組む。
男性も取得しやすい環境作りが先決。

▲