人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
人事業務担当者の
「困った...」をスッキリ解決!
人事労務Q&A
人事労務に関する質問に、
エン事務局がお答えします
質問する
40ブラボー
0イマイチ
テレワーク用のパソコン・スマホ購入費は、助成の対象になる?【5月27日更新】
コロナウイルス対策でテレワークを導入しますが、機器導入で国から助成金が出ると知りました。テレワーク用のパソコンやスマホは対象になりますか?
パソコン、スマートフォンは汎用性が高いため、購入してもテレワーク助成の対象となりません。レンタルやリースについては、5月31日までに利用し、支払った経費については対象となります。【4月30日更新】
テレワーク助成金の申請対象になるのは、在宅やサテライトオフィスでテレワークするために「必要性」「専用性」を満たしている場合です。

「必要性」とは、テレワーク実施のために必ず必要で、それがないとテレワークはできないもの。「専用性」とは、その機器(サービス)はテレワークを実施するためのみに使用され、他の用途や場所では使用しないもの。

そのため、パソコン、スマホは汎用性が高くテレワーク助成の対象になりません。その他、対象外のものを以下にまとめました。

----------------------------------------------
テレワーク助成の対象外になるもの
----------------------------------------------
●パソコン・タブレット・スマートフォン
●プリンター、WiFiルータ、パソコン等用のモニター
※在宅勤務の際に利用する場合でも、一般的に汎用的なものは認められない場合がほとんどです。テレワークを実施するためのみに使用されることが証明できない場合は、申請を受け付けられません。
●テレワーク用の机・椅子などの家具
●自社で専用型サテライトを設置する場合の不動産の賃借料

一方、助成の対象になるものは、以下となります。
----------------------------------------------------------
テレワーク助成の対象になるもの
----------------------------------------------------------
●労働者がテレワーク実施のために使用する機器として、シンクライアント端末装置、VPN装置等
●事業場における機器として、シンクライアントサーバ、VPN装置、ネットワーク監視装置、テレワーク用ソフトウェアの導入・運用(ASPサービス等の利用による導入も含む)
●共用型サテライトオフィスの利用料
●クラウドサービスの利用料・保守料等の利用料金
※継続したサービスの契約料等の支払いについては、2月17日以降のサービスの提供が された日から、(1)サービスの提供が終わる日まで(2)支給申請の日まで(3)5月31日までのうち、最も早い日までです。

※シンクライアント端末(パソコン等)の購入費用は対象となりますが、シンクライアント以外のパソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は対象となりません。ただし、レンタルやリースについては、実施期間が延長され、6月30日または交付決定後2ヶ月を経過した日のいずれか遅い日までになりました。また、支給申請期限が9月30日までに延長されました。【5月27日更新】

上記の基準で2 月17 日以降に導入されたものを使ってテレワークを実施された場合は申請いただけます。

参考にしてください。

(参考)厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/
人事労務に関する疑問や質問にお答えいたします!
人事労務に関する疑問や質問をお寄せください。
お問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして、このコーナーに掲載していきます。
このサービスを利用するには
会員登録/ログインが必要です。
仮会員の方は、本会員登録後に利用が可能になります。
担当からの連絡をお待ちください。
お役立ち情報
エン・ジャパンからのお知らせ
会員登録(無料)