人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
採用を成功させるためのノウハウ集!
採用必勝ガイド
5ブラボー
0イマイチ
STEP3面接・選考編
ターゲット人材を逃さない面接選考
お見合い、合コンがお手本!
お見合いの席(又は合コンでもいいです)を想像してください。初対面でいきなり「ご両親とは同居していますか?」「財産はどれくらいありますか?」なんて聞いたりしませんよね。
最初は世間話などをしつつ、相手の趣味や様子など、良いところを見つけて褒めたりしながら、話しやすい雰囲気を作ります。それが礼儀ですし、そうした方がより多くの情報を得られるからです。
面接も同じ。リラックスした雰囲気づくりが出来るほど、その人の性格やものの見方、考え方など、相手の持ち味を引き出すことができます。一見優しげな面接官の方が得です。
しばらくは転職者有利の売り手市場が続く見通し。苦労して面接までこぎつけた人材です。面接で「採用したい!」と感じた人材を確実に採用する、プロの採用人として腕を磨いていきましょう!
「上から目線」の面接はNG! 内定辞退が少ない面接、多い面接
内定辞退が少ない企業の面接とは?
  • 「仕事内容」を丁寧に納得いくまで説明する。
  • 「転職で実現したいこと」「働く動機」をじっくり話し合う。
  • 応募者の疑問にこちらから気づき、進んで答える。
  • 応募者をお客様として扱う。
  • 社内見学を行う。
内定辞退が多い企業の面接とは?
  • 「前職での仕事内容」「退職理由」ばかりを聞く。
  • 応募書類の内容を聞きなおしているだけ。
  • あら捜し面接。
  • 面接官の態度が悪い。
  • 就職差別につながるNG質問を連発する。

面接はお互いの情報交換の場と考えれば、「内定辞退が少ない面接」を実践しやすくなります。お互いに情報を出し合ってコミュニケーションを図る。簡単そうなことですが、意外と出来ていないようで、特に中途採用の場合は「上から目線」で面接するようなこともあるようです。
これは内定辞退につながるだけでなく、面接官の態度をネットにいろいろ書き込まれたりと、思わぬ被害が拡大する元です。くれぐれも態度を間違わないよう、ご注意ください。

面接に役立つ!質問例
続きを読むには、
会員登録/ログインが必要です。
会員登録(無料)