人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
総力特集
月刊「人事のミカタ」
68ブラボー
0イマイチ
2019/09/04 UP
求人コピーライターが伝授!効果の出る件名・文面の書き方(例文あり)
スカウトメール攻略ガイド
要約すると
  • 超売り手市場!採用成功の鍵を握るスカウトメール
  • スカウトメールの書き方!「誰に(対象)×何を(内容)×どのように(文面)」
  • 開封率を上げる件名例、返信率を上げる文面例
有効求人倍率の高まりは、2019年後半も継続。以前であれば応募を集められた求人でも、最近は厳しくなった…という採用担当者の声も。そこで今回は、売り手市場下で有効策となる「スカウトメール」について特集します。求人コピーライターとして培った効果的なスカウトメールの作り方を、文面例とともに解説。開封率、返信率を上げるスカウトメールとは?ぜひご参考ください。
人事のミカタ
編集部 原和真
超売り手市場!採用成功の鍵を握るスカウトメール
スカウトメールとは?

転職サイトに登録している求職者のデータベースから、求める人材を検索し、直接アプローチすることが可能になる採用手法が「スカウトメール」です。「スカウトメール」を活用したことがないという方に向けて、下記「エン転職」の場合のスカウトメールの流れをご紹介します。

スカウトの仕組み
  • 1求職者がエン転職に会員登録。自身のWEB履歴書を入力。
  • 2WEB履歴書を登録している求職者のデータベースから、企業側が求める人材を「検索」。
    経験職種、学歴や転職回数、希望勤務地、希望年収、自己PRなどの項目で検索が可能です。
  • 3検索して見つけたターゲット人材に対して、企業がスカウトメールを「作成」し、送信。
  • 4ターゲット人材とのメッセージやりとりを行ない、応募を誘導します。
なぜスカウトメールが有効なのか?

昨今の採用市況は、過去類を見ない「超売り手市場」だと言われています。「求人数」が「求職者数」を大きく上回っているのです。求人数が多いということは、せっかく求人を掲載しても埋もれやすくなっているということを意味します。求人情報が世に溢れる今、以前よりも求職者に求人を見てもらうことが難しくなりました。どんなに良い会社でも、求人を見てもらえなければ応募は増えません。

そこで、求める人材に直接アプローチできる「スカウトメール」に注目が集まっています。求人を掲載して応募を「待つ」だけではなく、企業側から直接メッセージを送って応募を獲得していく。まさに、「攻め」の採用手法です。スカウトメールを使ったことがないという方は、活用することを強くオススメします!

スカウトメールの書き方!「誰に×何を×どのように」の順に考える!

スカウトメールを作る際に、「文面から考えてしまう」というのはよくある躓きポイントです。

▼ 誰に送るのか?(対象)
▼ 何を伝えるのか?(内容)
▼ どのように伝えるのか?(文面)

この順番で考えることが、効果を出すスカウトメールを作る鉄則です。

「誰に」送信するか?人材検索(送信条件)のポイント

スカウトメールを「誰に送るのか?」を考えるポイントは2つあります。

Point!
送る相手のイメージを具体的に持つ
スカウトメールを送る相手の性別、経験職種、転職動機等、具体的なイメージを持つことが大切です。例えば男性と女性、経験者と未経験者では、「転職で魅力に感じるポイント」が異なります。つまり、誰に向けてスカウトメールをつくるのかによって、その後の「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」が変わってくるのです。
Point!
経験の有無だけで検索条件を決めない
営業募集の求人なら、検索条件を営業経験者に設定する、というのはイメージしやすいと思います。しかし、実はスカウトメールが有効なのは、経験者採用だけではありません。検索条件を工夫すれば、未経験者採用でも有効になります。

特に、転職経験の少ない若手人材は、自身がどんな仕事に向いているのか分からないと悩んでいるケースが多々あります。その可能性に気づかせてあげる意味でもスカウトメールは有効です。

例えば、未経験のITエンジニアの募集の場合。技術力や経験よりもコミュニケーション力が重要なときは、スカウトの送信対象を、「接客業を数年経験したが、体力や将来のことを考えて、技術を身に付けたいと考えている人」に設定。接客業経験者の中でも、ITエンジニアを希望職種候補に入れて仕事を探している人に絞り込みを行なうことで、ピッタリな送り先を発見できる可能性があります。

送り先を、「Web履歴書の更新日が3ヶ月以内の人」にすると◎
求人サイトに登録したばかりの求職者や、Web履歴書を更新したばかりの求職者は、アクティブに転職活動を行なっています。企業からのスカウトメールの確認やレスポンスも活発なため、メールがきちんと届き、開封される可能性が高い送信対象です。
「何を」伝えるのか?内容を選ぶポイント

誰に送るかが決まったら、その相手に「何を伝えると興味を持ってもらえるのか」という観点で、スカウトメールの内容を考えましょう。内容を決めるポイントも、大きく分けて2つあります。

Point!
会社紹介は分かりやすく端的に!
「相手に自分の会社を知ってもらいたい」という気持ち、よく分かります。しかし、知らない企業から届いたメールに、会社の説明が長々と書いてあったとして、皆様なら目を通すでしょうか?おそらく、全て読む人のほうが少ないと思います。ただでさえ、求職者のもとには大量のスカウトメールが届きます。その中で、会社説明や募集背景を伝えるだけでは記憶に残りません。会社の紹介をするよりも先に、伝えるべきことがあります。
Point!
兎にも角にも肝心なのは、「魅力」です。
無数に届くスカウトメールの中で求職者に興味を持ってもらうためには、「この会社に入社するとどんな魅力があるのか」を分かりやすく書くことが重要です。しかし、企業の採用担当者からよく聞かれるのは「何が魅力になるのかわからない」という声。そこで今回は、求職者が魅力に感じやすいポイントをピックアップしてご紹介します。
▼ 給与
平均より高い月給 / 手当込みの月収 / 高い年収例(将来の年収例でもOK) / 賞与の過去実績 / 決算賞与の支給実績

▼ 休日
完全週休2日制 / 土日祝休み / 5連休以上取得可能 / 有給消化率

▼ ポジション
幹部候補採用 / ポジションアップを見据えた採用 / 入社時点で役職者に抜擢

▼ 仕事内容
仕事の意義 / 仕事のやりがい / 仕事の規模感・影響力

▼ 社風
雰囲気の良さや風通しの良さが伝わるエピソード
「どのように」伝えるのか?印象を左右する文面の魅せ方

誰に・何を伝えるのか決めたら、いよいよそれを「どのように伝えるのか」を考えます。
魅力は見せ方次第で、読み手に与える印象が大きく変わります。その違いを実感していただくために、スカウトメールの件名・本文の事例を見ていきましょう。

スカウトが無視される原因は、件名にあり?開封率を上げる件名例

どれだけメール文面にこだわっても、メールを開いてもらえなければ意味がありません。まずは開封してもらうことが、何よりも重要です。そして開封率を上げるためには、件名を工夫する必要があります。どんな件名なら開封してもらいやすいのか?件名のNG事例・Good事例を比較してみましょう。

NG→Goodの件名比較

NGの件名には、魅力がありません。当たり障りのない件名では、大量に送られるスカウトメールに埋もれてしまうでしょう。これに対して、Goodの件名には、送る相手に合わせた魅力があります。

件名1は、営業未経験者に対して「売りやすく稼ぎやすい」という独自の魅力を伝えています。
件名2は、送信先が未経験からエンジニアを目指している人。未経験から専門スキルを必要とする仕事に転職するのは、不安が伴うはずです。だからこそ、「実績のある研修」が響きやすくなります。
件名3は、個人名を入れている点がGood。自分だけに送っていることがよく分かり、かつ経験を評価してもらえていることが伝わるので、思わず開いてしまう人が増えるのではないでしょうか。

返信率UP!応募を喚起するターゲット別スカウトメールの文面例

件名を決めたら、いよいよスカウトメールの文面を考えます。「誰に・何を」が同じでも、「どのように」伝えるのか次第でどれだけ見え方が変わるのか、スカウトメール文面のNG事例とGood事例で比較してみましょう。

スカウトメールBefore & After

一例として、営業職募集の「誰に(対象) × 何を(内容) × どのように(文面)」をまとめました。この表をもとに、スカウトメールを改善していきます。Before & Afterを比較してみてください。

営業職募集の「誰に(対象) × 何を(内容) × どのように(文面)」
Before
件名:【未経験者を積極採用】研修制度が整っている当社で、営業にチャレンジしませんか?

本文:

■■様

はじめまして。株式会社●● 採用担当の▲▲です。

当社は、○○を扱う会社です。この度、事業拡大に伴い、営業を募集することにしました。

充実の研修制度をご用意しているため、未経験から営業に転職されようとしている方は、
ぜひ当社をご検討ください。 成果を出せば、早急に昇給することも可能です。

いかがでしょうか。
ご興味がございましたら、是非ご応募ください。
After
件名:【3ヶ月で未経験入社の全員が2万円昇給!】トップセーラーが営業ノウハウを伝授します。

本文:

■■様

はじめまして。株式会社●● 採用担当の▲▲と申します。

あなたのWeb履歴書を拝見させていただき、
入社後わずか半年で店長に昇格していることに大変驚きました。
たゆまぬ努力が実った成果なのだと思います。そこで培った能力を、
ぜひ当社の営業で活かしていただけないかと考え、ご連絡を差し上げました。

当社で働く魅力の一部をご紹介させてください。

=========================

◎充実の研修で、未経験入社の全員が1ヶ月以内に初成約!
トップセーラーのノウハウを惜しみなく教えてもらえる研修があります。私も営業未経験で当社に入社しましたが、その充実度には驚きました。事実、これまでに8名の営業未経験者が当社に入社しましたが、その全員が入社1ヶ月以内に成果を出しています。

◎入社3ヶ月・半年で昇給の機会をご用意!
未経験の方は月給23万円からスタートしていただきますが、入社3ヶ月と半年で昇給のチャンスをご用意しているので、成果次第で早期に昇給可能。事実、これまでに中途入社した営業未経験者8名は、入社3ヶ月後に2万円以上月給UPしています。

=========================

いかがでしょうか?
研修制度の整っている会社で、早期に昇給して稼ぎたい。
そんな考えをお持ちなら、ぜひ当社で働いてみませんか?
スカウトメールの改善Point!
【件名】
未経験者を歓迎している営業募集の求人は少なくありません。改善前のBefore例では、件名がありきたりな内容となってしまいメールを開封すらしてもらえない可能性があります。改善後のAfter例では、この会社だからこその魅力を伝えている点がGoodです。

【冒頭の挨拶文面】
メールは、たとえ開封されたとしても、最初の数行読んで興味がなければ、閉じられる可能性が高いもの。改善前のBefore例では、冒頭がただの会社説明・募集背景になってしまっています。一方、改善後のAfter例の冒頭は「あなたの経歴を評価している」という内容。まさに自分のために届いたメールであると理解できます。Before例と比べると、特別感が段違いではないでしょうか?

【魅力の詳細】
Before例には、「充実の研修制度」「早期に昇給することも可能」と書かれています。しかし、このままだと詳細が分からないので、送った相手も「確かに魅力的な内容だ」とは思えません。また、せっかくメールの話者が今回のターゲットと同じ「未経験入社」という境遇にも関わらず、一切触れられていないのはもったいないポイントです。

改善後のAfter例は、研修制度・昇給制度の詳細を見せることで魅力が伝わりやすくなっている点がGood。また、仕切りや見出しをつけることで、パッと見た時にどこが「推しポイント」なのか分かりやすいのも評価できます。さらに、採用担当者を含め「営業未経験者がこの会社の研修を経て、活躍している」という内容が随所に入っていることで、「営業未経験の自分も活躍できそう」と思えるような内容になっています。
ターゲット人材別、Goodなスカウトメールの文例
営業募集で「経験者」を採用したい場合

先程の事例は、「未経験者」を採用する場合のスカウトメールでした。もし営業募集で「経験者」を採用する場合、スカウトメールの文面はどう変わるのでしょうか?「誰に(対象) × 何を(内容) × どのように(文面)」から整理して文例をご紹介します。

営業職経験者募集の「誰に(対象) × 何を(内容) × どのように(文面)」
件名:【平均月収40万円】新規開拓ナシ・受注確率80%超えの営業募集です。

本文:

■■様

はじめまして。株式会社●● 代表の▲▲と申します。

あなたのWeb履歴書を拝見させていただきました。

営業として活躍してきたあなたに、ぜひ当社でその能力を
活かしていただけないかと考え、ご連絡を差し上げました。

当社で働く魅力の一部をご紹介させてください。

=========================

◎新規開拓は一切なし。依頼はお客様のほうから寄せられます。
当社の営業が提案する○○は、特許を取得している独自の商材。他社に真似できない
強みがあるので、お客様のほうから毎日依頼が寄せられます。そのため、新規開拓の必要は一切なし。受注確率は80%を超えています!

◎歩合給もあるので、平均月収は40万円!
営業経験があるあなたをお迎えするにあたり、月給は27万円以上からのスタートをお約束。
詳細な給与は、面接でしっかりとご相談の上で決定したいと考えています。また当社には歩合給もあるので、成果次第で収入UPも可能。受注確率は高いので、当社の営業の平均月収は40万円です。

=========================

いかがでしょうか?
経験を活かして、収入UPをしたい。強みのある商材を扱いたい。
そんな考えをお持ちなら、ぜひ当社で働いてみませんか?
Goodと思われるPoint!
経験者を狙う場合、必ず前職(現職)と仕事内容や条件が比較されます。
「依頼が自然と舞い込み、受注確率も高いので、歩合給で高収入を実現しやすい」という魅力は、営業経験者でも魅力に感じる人は多いのではないでしょうか。さらに、会社紹介に魅力を盛り込んでいるのもポイント。 「特許を取得している独自の商材を扱う会社」という情報から、商材に強みがあることが分かります。経験者にささる魅力を件名・本文でチョイスできている点がGoodです。 また、代表から直接スカウトメールが届いているように見えることでプレミア感が伝わりやすくなっています。
育児離職などからの復帰を望む「経験者」を採用したい場合
育児などの事情で離職中の営業経験者募集の「誰に(対象) × 何を(内容) × どのように(文面)」
件名:【毎日18時ピッタリで退社】残業ナシは譲れない!というあなた、育児と仕事を両立させませんか?

本文:

■■様

はじめまして。株式会社●●の営業▲▲と申します。

あなたのWeb履歴書を拝見させていただきました。
子育てと両立できる仕事を探しているなら、ぜひ当社をご検討ください!

実は私も子育てと両立できる仕事を探す中で、当社と出会いました。
転職で譲れなかったのが、晩御飯をつくるために必ず18時には仕事を終われること。
そして、いざという時にちゃんとお休みを貰えることです。そのどちらも、当社でちゃんと実現できています!

少し当社で働く魅力をご紹介させてください。

=========================

★子育てに理解のある社員ばかりです!
私と私の上司をはじめ、育児と両立しながら働いている社員がたくさんいます。
なので、子供が熱を出してしまったときなど、急遽休まなければならないときも、
周りは快く受け入れてくれます。有給消化率も100%。運動会など、子供のイベントには全て参加しています。

★残業はほとんどありません。
当社の扱う●●は、特許も取得している独自の商材。他社に真似できない強みがあり、受注確率も80%を超えているので、みんな勤務時間内に成果を出して仕事を終えています。
残業は、ほぼありません。月の残業時間を合計しても、3時間以下です。18時になったら部長も課長もリーダーも、みんな退社しています。

=========================

いかがでしょうか?
育児と両立できる会社で働きたい。
そんな考えをお持ちなら、ぜひ当社で働いてみませんか?
Goodと思われるPoint!
送信する人材が、転職によって実現したいことが「子育てとの両立」なので、その内容に絞った魅力を件名と本文で伝えている点がポイント。 一般社員だけでなく、役職者も早く帰っていることが分かることで、「本当に残業がない」ということが伝わりやすくなっているのではないでしょうか。 また、同じ境遇の女性社員が話者となることで親近感も湧きやすくなっていると思います。
文例から見るスカウトメールのポイント

このように事例から「誰」を狙うかによって、「内容」と「文面」が大きく変わることが分かります。 ここで、NGなスカウトメール、Goodなスカウトメールのポイントを振り返ってみます。

Goodなスカウトメールのポイント、NGなスカウトメールのポイント
「スカウトメールは、会ったこともない人材へのラブレター」

たとえば、まったく知らない相手から、自分宛にラブレターが届いたところを想像してみてください。「誰でも良いから僕と付き合ってください!」と書かれていても、きっとあなたは困惑するはずです。

スカウトメールでも同じこと。まったく知らない企業から「誰でも良いから会いたいです」と言われても、求職者はちょっと困ってしまいます。相手のことを想って、相手の心に響くように真剣に書く。文面に込めた熱は、きっと相手にも伝わります。ぜひ、本特集を参考にして、スカウトメールを作成してください。

お役立ち情報
会員登録(無料)