人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
総力特集
月刊「人事のミカタ」
63ブラボー
0イマイチ
求職者はどう仕事を探している?不安は?傾向を押さえる!データで見る!求職者のホンネ白書
要約すると
  • 「企業・採用HP」の情報が少ない企業は必見!ゼロからはじめる「採用情報」発信術

  • 転職活動者の9割が「企業HP」、7割が「採用HP」から企業情報を収集すると回答

  • 情報発信時に検討材料になる!転職活動者が欲する「採用情報」の内容は?

「企業・採用HP」の情報が少ない企業は必見!ゼロからはじめる「採用情報」発信術
2017年10月末に発表された全国の有効求人倍率は、【1.52倍】。前月同水準となりましたが、6ヶ月連続でバブル期並の数値を更新し、中途採用を行なう企業は引き続き、採用が難しい状況です。
有効求人倍率の推移
転職活動を行なう求職者は、ハローワークをはじめ、求人サイト他、膨大な求人情報を取得し、転職先の企業を複数社の中から選ぶことができる売り手市場。そんな景況感の中で、採用の競合となる他社と差別化していくには、採用情報の広報にも工夫が必要です。そこで今回は、『ゼロから始める「採用情報」発信術』と題し、転職活動を行なう求職者への情報発信の手法と内容について考察します。ぜひご参考ください。
転職活動者の8割が、「企業に応募する前に情報収集を行なう」と回答
Q.転職活動のどの段階で、情報収集に力を入れますか?(複数回答可)
グラフ
調査対象:エン転職会員 調査方法:インターネットアンケート 調査人数:390人
まず、転職を行なう求職者の方々に、転職活動のどの段階で、企業研究(情報収集)に力を入れるか伺いました。一番多く回答を集めたのは、「企業に応募する前」82%。応募の判断をする際に情報収集をするという回答がTOPでした。次いで「応募後~面接前」が50.0%。書類選考を通過し、面接を行なう前に情報収集するという理由。 総じて、転職活動の前半戦部分で、情報を必要としていることが見て取れます。では、情報収集はどこから行なうのか、次ページからご確認ください。
エン・ジャパンからのお知らせ
2021年の採用市況を予測する中途採用市況レポート
昨年の総決算として、2020年の総振り返り・2021年採用市況予測をレポートにまとめました!
2021.2.8
保存版!『中途採用のやることリスト』まとめ
中途採用のフローチャート・ToDoリストをまとめた資料がダウンロードできます!ぜひご活用ください!
2020.12.17
最新版の「雇用契約書」を無料ダウンロード!
正社員雇用契約用の書類フォーマット。法律上、雇用上のトラブル回避するための重要書類をご活用ください!
2020.12.13
大阪府の緊急雇用対策事業にエン転職が連携!
OSAKA求職者支援コンソーシアムのメンバーとして求職者を応援する取り組みを実施します。
2020.10.27
「仕事価値観」と「どこでも通用する力」
PDF資料全文「無料」公開中!閲覧はこちらから!
2021.1.9
無料オンラインセミナー
人事業務に役立つセミナーのお申込みはこちらから!
2020.10.19
【エン転職】3年連続!利用者満足度No.1!
オリコン顧客満足度調査!3年連続!転職サイト第1位!全5つの評価項目を独占!
2020.6.2
20万社が使ってる!求人出すなら『エンゲージ』
求人掲載・採用までを0円から。
2020.1.29
離職防止ツール『HR OnBoard』無償提供!
エン転職経由の入社者を対象に、社員の離職リスク可視化ツール『HR OnBoard』の無償提供を開始!
2020.1.20
『Talent Viewer』7月より提供開始!
採用・教育・評価の情報を一元管理できるタレントマネジメントシステムをリリースしました!
2020.3.21
【第2回エン転職アワード】授賞式開催レポート
エン転職のコンテンツを活用し、誠実な情報開示を通じて、採用成功を実現している 企業様の事例を紹介!
2020.1.20
会員登録(無料)