人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日10:00~18:00
総力特集
月刊「人事のミカタ」
49ブラボー
0イマイチ
求職者はどう仕事を探している?不安は?傾向を押さえる!データで見る!求職者のホンネ白書
要約すると
  • 2017年後半も、有効求人倍率は高まる見込み。エリア別に採用難易度を確認。

  • 南関東・東海エリアの採用難易度は?東京都・愛知県の職種有効求人倍率。

  • 近畿・北九州エリアの採用難易度は?大阪府・福岡県の職種有効求人倍率。

約半世紀ぶり!高水準で有効求人倍率が推移する2017年。下半期の採用市場は?
本年初頭に公開した特集「エリア・業界・職種別!採用難易度」に対して、多くの企業から反響を頂きました。「今は採用が難しいと聞いていたが、募集する職種によっては、採用難易度が大きく変わり、一概に全てが採用できないわけじゃないとわかった」、「募集エリアの特性が見え、採用戦略立案に役立った」という人事担当者の声も。

言うまでもなく、有効求人倍率は日本全国のハローワークで仕事を探す人、1人に対して何件の求人があるかを示す数値です。昨年から高水準を推移し、2017年の最新データでは【1.51倍】。なんと43年ぶりの超売り手市場。就労人口の減少も重なり、企業の人材不足に拍車がかかっている状況です。

そこで今回は、2017年下半期の採用計画に役立つ、最新のデータをおまとめしました。主要都市を中心に、エリア別の採用難易度他を、ぜひご確認ください。
全国の有効求人倍率は、過去10年で最高値を更新中
有効求人倍率の推移
7月28日に発表された2017年6月の有効求人倍率は、1.51倍。前月比で0.02ポイント上昇しました。1974年2月以来、43年ぶりの高水準となっています。正社員のみに絞った有効求人倍率でも1倍を超え、2004年の統計開始以来、最高水準を更新しています。続いて、47都道府県ごとの有効求人倍率を確認しましょう。
47都道府県での有効求人倍率TOPは福井県。次点は東京都。
2016年6月と2017年6月の各都道府県の有効求人倍率の比較です。
グラフ
2017年6月で、最も高い有効求人倍率だったのは福井県/2.09倍でした。続いて東京都/2.08倍となりました。最下位は北海道/1.08倍となっています。一年前の同月での比較では、同数値の高知県を除き、全ての都道府県で有効求人倍率は上昇。約半世紀ぶりに全国的な人材不足となっています。該当する所在地での求人募集がある場合は、ぜひご確認ください。
エン・ジャパンからのお知らせ
【エン転職】6年連続!利用者満足度No.1!
オリコン顧客満足度調査!6年連続!満足度No.1の転職サイトに選ばれました!
2023.6.1
「職種×スキル別給与相場」資料をダウンロード!
12 職種の給与相場とスキルの相関をまとめました 。貴社の採用活動にお役立てください。
2023.5.24
ソーシャルインパクト採用プロジェクト
社会的なインパクトが特に大きい人材採用「ソーシャルインパクト採用」を支援するプロジェクトです。
2022.11.1
最新版の「雇用契約書」を無料ダウンロード!
正社員雇用契約用の書類フォーマット。法律上、雇用上のトラブル回避するための重要書類をご活用ください!
2022.1.13
求人・応募数・入社数も公開!エン転職の採用成功事例
職種・業種・エリア別に事例が検索可能!実際にエン転職に掲載された求人と、その応募数・入社数まで公開!
2022.7.31
「仕事価値観」と「どこでも通用する力」
PDF資料全文「無料」公開中!閲覧はこちらから!
2022.1.9
【iroots】優秀学生が集まる新卒スカウト
上位校比率70%!起業、長期インターン、団体立ち上げ、留学経験者多数登録。エンジニアやDX人材も。
2022.9.12
40万社が使ってる!求人出すなら『engage』
採用HP・求人掲載が無料。採用を0円で。
2022.5.27
【ASHIATO】一周年で導入企業300社突破
貴社にフィットする人材の採用をサポートするエン・ジャパンの新しいリファレンスチェックサービスです。
2022.6.2
離職防止ツール『HR OnBoard』無償提供!
エン転職経由の入社者を対象に、社員の離職リスク可視化ツール『HR OnBoard』の無償提供を開始!
2022.1.20
採用工数、歩留まりの改善なら【RPM】
連携求人媒体実績400以上!採用業務を一元管理。事例多数!採用工数80%削減・採用率35%UPなど
2023.2.17
会員登録(無料) ログイン