人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
総力特集
月刊「人事のミカタ」
49ブラボー
0イマイチ
求職者はどう仕事を探している?不安は?傾向を押さえる!データで見る!求職者のホンネ白書
要約すると
  • 2017年後半も、有効求人倍率は高まる見込み。エリア別に採用難易度を確認。

  • 南関東・東海エリアの採用難易度は?東京都・愛知県の職種有効求人倍率。

  • 近畿・北九州エリアの採用難易度は?大阪府・福岡県の職種有効求人倍率。

約半世紀ぶり!高水準で有効求人倍率が推移する2017年。下半期の採用市場は?
本年初頭に公開した特集「エリア・業界・職種別!採用難易度」に対して、多くの企業から反響を頂きました。「今は採用が難しいと聞いていたが、募集する職種によっては、採用難易度が大きく変わり、一概に全てが採用できないわけじゃないとわかった」、「募集エリアの特性が見え、採用戦略立案に役立った」という人事担当者の声も。

言うまでもなく、有効求人倍率は日本全国のハローワークで仕事を探す人、1人に対して何件の求人があるかを示す数値です。昨年から高水準を推移し、2017年の最新データでは【1.51倍】。なんと43年ぶりの超売り手市場。就労人口の減少も重なり、企業の人材不足に拍車がかかっている状況です。

そこで今回は、2017年下半期の採用計画に役立つ、最新のデータをおまとめしました。主要都市を中心に、エリア別の採用難易度他を、ぜひご確認ください。
全国の有効求人倍率は、過去10年で最高値を更新中
有効求人倍率の推移
7月28日に発表された2017年6月の有効求人倍率は、1.51倍。前月比で0.02ポイント上昇しました。1974年2月以来、43年ぶりの高水準となっています。正社員のみに絞った有効求人倍率でも1倍を超え、2004年の統計開始以来、最高水準を更新しています。続いて、47都道府県ごとの有効求人倍率を確認しましょう。
47都道府県での有効求人倍率TOPは福井県。次点は東京都。
2016年6月と2017年6月の各都道府県の有効求人倍率の比較です。
グラフ
2017年6月で、最も高い有効求人倍率だったのは福井県/2.09倍でした。続いて東京都/2.08倍となりました。最下位は北海道/1.08倍となっています。一年前の同月での比較では、同数値の高知県を除き、全ての都道府県で有効求人倍率は上昇。約半世紀ぶりに全国的な人材不足となっています。該当する所在地での求人募集がある場合は、ぜひご確認ください。
エン・ジャパンからのお知らせ
2021年の採用市況を予測する中途採用市況レポート
昨年の総決算として、2020年の総振り返り・2021年採用市況予測をレポートにまとめました!
2021.2.8
保存版!『中途採用のやることリスト』まとめ
中途採用のフローチャート・ToDoリストをまとめた資料がダウンロードできます!ぜひご活用ください!
2020.12.17
最新版の「雇用契約書」を無料ダウンロード!
正社員雇用契約用の書類フォーマット。法律上、雇用上のトラブル回避するための重要書類をご活用ください!
2020.12.13
大阪府の緊急雇用対策事業にエン転職が連携!
OSAKA求職者支援コンソーシアムのメンバーとして求職者を応援する取り組みを実施します。
2020.10.27
「仕事価値観」と「どこでも通用する力」
PDF資料全文「無料」公開中!閲覧はこちらから!
2021.1.9
無料オンラインセミナー
人事業務に役立つセミナーのお申込みはこちらから!
2020.10.19
【エン転職】3年連続!利用者満足度No.1!
オリコン顧客満足度調査!3年連続!転職サイト第1位!全5つの評価項目を独占!
2020.6.2
20万社が使ってる!求人出すなら『エンゲージ』
求人掲載・採用までを0円から。
2020.1.29
離職防止ツール『HR OnBoard』無償提供!
エン転職経由の入社者を対象に、社員の離職リスク可視化ツール『HR OnBoard』の無償提供を開始!
2020.1.20
『Talent Viewer』7月より提供開始!
採用・教育・評価の情報を一元管理できるタレントマネジメントシステムをリリースしました!
2020.3.21
【第2回エン転職アワード】授賞式開催レポート
エン転職のコンテンツを活用し、誠実な情報開示を通じて、採用成功を実現している 企業様の事例を紹介!
2020.1.20
会員登録(無料)