求職者の実体験から語る!「悪い印象につながったブラック面接」1030
面接官のマナー
  • 10面接官がその時にやっていた作業の手を止めることなく、面接が始まった。タバコを吸いながら面接をされた(男性/20代/クリエイティブ・マスコミ関連職)
  • 11面接官が、株のデイトレードをパソコンで行いつつ、面接を行っていた(男性/30代/コンサルタント・研究職)
  • 12面接官や人事担当者の服装がだらしなかった(男性/20代/法務)
同様のアンケートで必ず現れる面接官のマナー問題。これらは多くの転職者がマナー違反と感じること。面接官の第一印象はその後の選考にも強く影響するものです。自分が求職者だったらと、転職者の視点で「どう見られているか」は意識をしたい部分です。
質問内容が就職差別につながる
  • 13個人情報を全部聞かれた。彼氏はいるのか、今まで付き合ってきたかとか、家族構成、いとこのことまで全部聞かれた。気持ち悪すぎて辞退した(女性/30代/サービス関連職)
  • 14結婚の予定など、根掘り葉掘り聞かれた(女性/20代/サービス関連職)
仕事に関係のない個人情報を聞くのは、一発レッドカードです!女性に対して、入社後の結婚・出産での退職を心配して質問しているケースが見受けられますが、就職差別に繋がります。絶対に止めましょう。

(参照)厚生労働省HP 就職差別につながるおそれのある質問
http://www2.mhlw.go.jp/topics/topics/saiyo/saiyo1.htm
面接時に、応募資格とのミスマッチ発覚
  • 15学歴不問掲示の企業に応募し、書類審査を通過したにも関わらず、大卒でないのに何故面接に来たのかのようにあしらわれてしまった(男性/40代/事務関連職)
  • 16書類選考があって面接に呼ばれたはずなのに、面接時に書類を読み始めて、「今回の募集に必要な経験がないね、なんか聞きたいことある?」と言われた(男性/30代/事務関連職)
  • 17面接官が、履歴書等を全く読まずに応募者を面接に呼んでいて、面接の場で「当社の応募資格を満たしていない」と告げられた(男性/30代/コンサルタント・研究職)
可能性として考えられるのは、書類選考を行なう人事担当者と面接官の間で求めるスキルや合格ラインの認識に齟齬があったということ。お互いに無駄な時間とならないよう、社内で面接前に打ち合わせを行なう必要があります。
コミュニケーションが一方通行
  • 18志望動機すら聞こうとしない。今までの会社の情報ばかり聞いてきて、リサーチしている感じだった(男性/40代/サービス関連職)
  • 19自社の会社の業績、社風ばかりの自慢話ばかりして、勤務条件、勤務地等の説明は全くせず、最後に「何か聞きたい事ありますか」と質問され、こちらから勤務条件等聞き出すと、「応募要項に記載してある通りです」と紋切り口調で回答された(男性/50代/その他)
  • 20面接担当がまったく無表情で相槌すらなく、淡々と質問をするのみ。こちらの面接への時間を返してほしいと思った(男性/40代/企画関連職)
  • 21「緊張しないでありのままの貴方でお話してください」と言われ、ありのままの自分でお話を進めるも、面接官は常に真顔。目をあまり合わせず、メモばかり。こちらは頑張って話しているのに素っ気なく話を進められた(男性/30代/事務関連職)
面接にやってきた求職者は、自分のことをアピールしたいし、聞いてほしいはず。双方の理解を深める場でもあるため、一方的に聞くのではなく、きちんと対話をしましょう。
あっという間に終わる面接
  • 22指定された時間より30分程待たされたうえ、面接が5~10分で終わった(女性/30代/サービス関連職)
  • 23自分の自慢話を20分以上聞かされ質問はされず、すぐに採用だったので本当に私の何が分かったのと思いすぐにお断りしました(女性/30代/介護士)
きちんとお互いに話をして、納得のいく「内定」が欲しい、というのが求職者のホンネ。そもそも話もしていないのに採用が決まると、何故?誰でもいいの?と疑念が。機械的な面接ではなく、「あなたに来てほしい」という気持ちが伝わる面接をしましょう。
求人内容との齟齬
  • 24年齢や経験で給与が変わると求人に書いてあるのに、当社では全ての人が、一律の給与スタ-トですと言われた(男性/40代/サービス関連職)
  • 25求人広告に書かれた内容と雇用条件が違っていたので、面接官に質問をしたところ、あやふやな返答しか戻らなかった(女性/40代/事務関連職)
  • 26ハローワークの求人内容と異なる給与&年間休日日数、また形式上は休みになってるが全員やる事があるので出てきていますなど、それが法的に当たり前のように説明された(男性/30代/倉庫管理)
雇用条件や待遇など、面接で話を聞いたら求人情報と違っていた!?となれば、それは騙されたと思うのは当たり前です。求人情報を正直に、正確に打ち出すことは何よりも重要です。
会社の雰囲気が悪い
  • 27面接しているフロアで、大声で怒っている社員がいた。面接官との話に集中出来ず、上の空になってしまった。この会社はこの程度の社員が居るんだと思い印象が悪くなって途中でどうでもよくなってしまいました(男性/30代/サービス関連職)
  • 28通された部屋が片付けられていなく昼食後だと思われる食器等がそのまま置いてあった(男性/40代/管理部門)
  • 29今時、分煙になってなくて、社内がタバコの臭いで充満していた(女性/40代/事務関連職)
  • 30応接室がやたら豪華で社員の応対も良かったのだが、休憩スペースが薄汚く覇気の無い社員ばかりいた(男性/40代/コンサルタント・研究職)
企業にとって、意外に見落としがちなのが社内の雰囲気や清潔感。面接で初めて訪問する求職者は、鋭敏な感覚で社内を見たり、聞いているものです。求職者の目に付く場所の整理整頓は必須です。
ブラック認定されてしまう面接。いかがでしょうか。大半の企業では、「さすがにここまで酷くない」という印象を持たれたかと思います。しかし、ブラックかそうでないかを判定するのはあくまで求職者。日々チェックしていきたいところです。

▲