人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
人事業務担当者の
「困った...」をスッキリ解決!
人事労務Q&A
人事労務に関する質問に、
エン事務局がお答えします
質問する
53ブラボー
0イマイチ
「解雇予告手当」とは何ですか?
従業員を解雇することになりました。従業員を解雇する際には、解雇予告手当というものを支払うと聞いたのですが、条件や金額の計算方法について教えてください。
解雇予告手当とは、従業員に対して解雇日の30日以上前に、解雇予告せずに解雇を行なう場合、支払いが義務付けられている手当のことです。
労基法第20条では、企業(使用者)が労働者を解雇するには、正当な理由があっても、少なくとも30日以上前から解雇予告をしなければならないと定められています。

もし解雇予告を行わずに解雇を行う場合は、解雇までの残日数に応じた金額、つまり解雇予告手当を支給します。


-------------------------------------------
■ 解雇予告手当の計算方法
-------------------------------------------

解雇予告手当の金額は、次の計算式によって導き出されます。

「平均賃金1日分」×「解雇日までの期間が、30日に足りなかった日数」

例1)解雇日の10日前に解雇を予告
【直前3カ月に支払われた賃金総額÷3カ月の総日数】×(30日ー10日=20日)

例2)当日に解雇を伝える(即日解雇)
【直前3カ月に支払われた賃金総額÷3カ月の総日数】×30日

解雇予告手当を支払う日は、解雇日の当日に解雇を言い渡した場合は「解雇の当日」。解雇日より前に解雇を言い渡す場合は「解雇を言い渡した日」というのが法律上のルールとなっています。

-------------------------------------------
■ 解雇予告手当を支給しなくてよい場合は?
-------------------------------------------

特別なケースですが、解雇予告手当を支給しなくてよい場合もあります。

・日日雇い入れられる者(雇用期間が1ヶ月未満)
・二ヶ月以内の期間を定めて使用される者 (期間内)
・季節的業務に4ヶ月以内の期間を定めて使用される者 (期間内)
・試の使用期間中の者(14日未満)

上記の方々は、労働基準法第21条により、解雇予告手当の支給対象ではありません。

ちなみに、懲戒処分による解雇の場合、労働基準監督署除外認定の制度を利用することで、解雇予告手当を支払わなくていいとされています。とはいえ、行政判断による厳しい解雇基準によって決められる制度で、簡単に使える制度ではありません。詳しくは、人事のミカタQ&Aコンテンツを参照ください。

(参考サイト)「懲戒解雇」にしてほしい社員がいると現場から人事部に相談が。どう判断し、進めていけばいいのでしょうか?
https://partners.en-japan.com/qanda/desc_1036/
人事労務に関する疑問や質問にお答えいたします!
人事労務に関する疑問や質問をお寄せください。
お問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして、このコーナーに掲載していきます。
このサービスを利用するには
会員登録/ログインが必要です。
仮会員の方は、本会員登録後に利用が可能になります。
担当からの連絡をお待ちください。
お役立ち情報
会員登録(無料)