業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

「解雇予告手当」とは何ですか?

従業員を解雇することになりました。即時解雇の場合、「解雇予約手当」が必要と聞きましたが、いくら程度払えばよいのでしょうか?

A

「解雇予告手当」とは、
使用者(企業)が、やむを得ない理由で労働者を解雇する場合、
30日以上前から解雇の予告していなかった場合に生じる、
支払わなけらばならない手当のことを指します。

労働者を解雇する場合には、正当な理由があっても、
少なくとも30日前に予告するか、もしくは30日以上の
平均賃金を解雇予告手当として保証しなければならないことが、
労基法第20条で定められています。

つまり、予告義務が果たされなかった即時解雇のような場合には、
解雇予告手当が支払われることになります。

解雇予告手当の金額は、「平均賃金1日分」×「解雇日までの日数」となり、
30日分の場合は、
【直前3カ月に支払われた賃金総額÷3カ月の総日数】×30日という
計算式となります。ご参考ください。

▲