人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
人事業務担当者の
「困った...」をスッキリ解決!
人事労務Q&A
人事労務に関する質問に、
エン事務局がお答えします
質問する
217ブラボー
1イマイチ
労働時間が「8時間ちょうど」の時、休憩時間は?
8時間を超える場合は60分の休憩を与えなければいけないということですが、「8時間ちょうど」の時はどうなりますか?
6時間超え、8時間以内の労働は、「少なくとも45分の休憩を付与する」。
ご質問にある「8時間ちょうど」であれば、休憩時間は45分で大丈夫です。

その根拠は、労働基準法34条1項による労働時間ごとに付与される休憩時間。内容は下記の通りです。

--------------------------------------------------------------
●6時間以内の労働
 →休憩を付与する義務なし
●6時間超え、8時間以内の労働
 →少なくとも45分の休憩を付与する
●8時間を超える労働
 →少なくとも1時間を超える休憩を付与する
--------------------------------------------------------------

ただし、8時間勤務の会社で、残業が発生した場合、労働時間が8時間を超えることになります。そのため休憩時間が45分の会社は残業開始時に15分の休憩を追加で与えなければならなくなります。このような理由から、休憩時間を60分としている会社が多いのが実情です。
人事労務に関する疑問や質問にお答えいたします!
人事労務に関する疑問や質問をお寄せください。
お問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして、このコーナーに掲載していきます。
このサービスを利用するには
会員登録/ログインが必要です。
仮会員の方は、本会員登録後に利用が可能になります。
担当からの連絡をお待ちください。
お役立ち情報
会員登録(無料)