1分で読める!統計データ

妊娠・出産前後の女性の退職理由は?【仕事と家庭の両立調査】

図は、厚生労働省の「仕事と家庭の両立支援対策」資料の中から、
働く女性を対象に聞いた「妊娠・出産前後の退職理由」をグラフ化したものです。

もっとも多かった退職理由は、
「家事・育児に専念するため自発的にやめた」39.0%
次点で回答が多かったのは
「仕事を続けたかったが、仕事と育児の両立の難しさでやめた」26.1%
仕事と家庭の両立の大変さが見て取れる結果となっています。


ちなみに「仕事と育児の両立が難しかった」具体的な理由は
(1)「勤務時間が合いそうもなかった」65.4%
(2)「職場に両立を支援する雰囲気がなかった」49.5%
(3)「自分の体力がもたなそうだった」45.7%
(4)「育児休業を取れそうもなかった」25.0%
となっています。


【出典】厚生労働省「仕事と家庭の両立支援対策」資料内
三菱UFJリサーチ&コンサルティング「両立支援に係る諸問題に関する総合的調査研究」(平成20年)
ココが
ポイント!
第一子出産後の女性の継続就業率は38%(2010年)。2020年には55%まで引き上げる目標を政府は打ち出しています。その中で企業は、女性が働き続けるためのより良い環境の構築が求められていきます。

▲