人材紹介のご利用にあたって人材紹介のご利用Q&A

このコーナーでは、人材紹介の仕組みや法律、上手な利用方法などを、Q&A形式で解説しています。
人材紹介の有効な活用にお役立てください。

Question
ヘッドハンターとは?
Answer

人事のミカタの人材紹介会社コーナーでは、紹介会社を「成功報酬型」と「着手金型」に分類しています。

本当は「登録型」と「サーチ(ハンティング)型」にしたかったのですが、サーチ(ハンティング)の特徴が以前のように明確でなくなりつつあるため、あえて「成功報酬型」と「着手金型」にしました。

人材紹介会社の中でも「うちはヘッドハンティング専門です」というところがありますね。これを聞かれて「え?人材紹介って、みんなヘッドハンティングして人材を紹介してくれるんじゃないの?」と思われる方もあるのではないでしょうか。

人材紹介会社には、本来人材を獲得する方法によって、「登録型」と「サーチ(ハンティング)型」に分かれます。

多くの人材紹介会社は「登録型」です。ですから求人の依頼をしても、いい人材がいたら紹介してくれますが、いなければ紹介がない、という状況になります。企業にとっては、コスト的なリスクもない代わりに、必ず人材を確保できるという保証もないわけです。

これに対しサーチ(ハンティング)型は、本来「着手金」を取ります。彼らはサーチによって集めた独自の人材データベース(もしくはリスト)を持っており、依頼があった求人に対して、まず候補者の1次リストを作成し、これを依頼企業に提示します。その中から様々な条件で人材を絞り込んで、最終的に1名に決定する、という方法をとります。

「採用できるまで紹介を行うことにコミットメントして活動をする」という点が着手金を取るヘッドハンターの特徴なのですが、最近はサーチ型の紹介会社でも成功報酬フィーであるかわりに、必ず人材を出すことにコミットしないところもあり、利用する企業側にとってはかえって各社の特徴が分かりにくくなっているかも知れませんね。

Question
人材紹介から紹介された人材を
紹介予定派遣として受け入れることはできますか?
Answer

紹介予定派遣の入り口は、あくまでも「派遣」です。最近は、人材紹介業を営んでいる会社が派遣業にも進出するケースも多く、そのサービス内容が混乱しがちですが、紹介から派遣にもってくることはいくつかの条件をクリアする必要があります。

まずその人材紹介会社が派遣業の許認可を持って派遣事業を行っていなければ、紹介予定派遣を行うことはできません。また、許認可を持っていたとしても、当然ですが応募者本人の同意が必要です。

例えば、応募者が在職中の人材であったり、他社でも内定を得られるような人材である場合には、「正社員としての雇用ではない」という時点で採用者側が思う以上のリスクに感じられ、辞退されることも少なくはないでしょう。

まずその会社が派遣業を行っているかどうかを確認することも一案ですが、その人材に対しての不安な点を紹介会社に伝え、採否そのものや、試用期間の設け方等について相談されてみてもいいかと思います。

Question
各社特徴というものはあるのでしょうか?
Answer

弊社でも、クライアントとして200以上の人材紹介会社とお付き合いがあります。また、弊社の人材紹介会社集合サイトエン 転職コンサルタントでは、常時180社以上の紹介会社にご掲載いただいています。

それぞれの会社の特徴(強み)としてまず以下の3点から絞り込まれると目安になります。

(1) 得意業界
(2) 得意職種
(3) カバーエリア

また、人材紹介会社自体の会社規模も様々です。俗人的な要素が強い業務だけに、必ずしもサービスの質は規模によらず、大手には大手の、また個人事務所的なところにはそういった会社ならではのサービスがありますので、実際にオーダーを依頼される際には、規模を取り混ぜて依頼されてみられてはいかがでしょうか。

当然ですが、紹介してくれる人材の質は重要です。キャンディデイト(候補者)と良好なコミニュケーションを持てる紹介会社であることは必須条件ですが、意外と見分けにくいところでもあります。

当社のエン 転職コンサルタントでは、実際にその紹介会社を利用した人材による「ユーザー評価」を掲載していますので、ユーザー視点で紹介会社を見てみることも参考になるかと思います。

▼人材紹介会社の特長から選択
https://partners.en-japan.com/consul/

▼エン 転職コンサルタント
http://consultant.en-japan.com/

▲