人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
人事業務担当者の
「困った...」をスッキリ解決!
人事労務Q&A
人事労務に関する質問に、
エン事務局がお答えします
質問する
114ブラボー
0イマイチ
法定雇用率2.2%に変更他、障がい者雇用促進法の改正点とは?
2018年(平成30年)から適用された改正障害者雇用促進法の変更点について教えてください。
障害者がごく普通に地域で暮らし、地域の一員として共に生活できる「共生社会」実現の理念の下、すべての事業主には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務があります。

この法定雇用率が、2018年(平成30年)4月から民間企業では、2.0% ⇒ 2.2%に変更されました。

加えて、障害者を雇用しなければならない民間企業の事業主の範囲が、従業員50人以上から45.5人以上に変更されました。

事業主には、以下の義務がありますので、新たに対象となった企業はご注意ください。
◆毎年6月1日時点の障害者雇用状況をハローワークに報告しなければなりません。
◆障害者の雇用の促進と継続を図るための「障害者雇用推進者」を選任するよう努めなければなりません。


また、2018年4月から3年を経過する日より前に、民間企業の法定雇用率は2.3%になる予定です。ぜひ、以下から詳細をご確認ください。

引用)厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/20170630press1_1.pdf
人事労務に関する疑問や質問にお答えいたします!
人事労務に関する疑問や質問をお寄せください。
お問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして、このコーナーに掲載していきます。
このサービスを利用するには
会員登録/ログインが必要です。
仮会員の方は、本会員登録後に利用が可能になります。
担当からの連絡をお待ちください。
お役立ち情報
会員登録(無料)