業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

傾聴とはなんですか?

先日、私と部下が会話しているところを見た社長から、
「もう少し、部下の話をちゃんと聞いてあげては?」とアドバイスを受けました。
私自身はきちんと受け止めて話を聞いているつもりなのですが...。
傾聴について教えてください。

A

傾聴とは、カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーション技術です。

ご質問者の方は、きちんと話を聞いていたと仰っていますが、
聞くことそのものに重きが置かれていたのではないでしょうか?

傾聴の目的は相手を理解すること。
そのため、大事なのは、
●話す姿勢、仕草、表情、声の調子など言葉以外の行動に注意を向け、理解する
●言葉によるメッセージに、耳を傾け、理解する
●言葉の背後にある感情まで受け止め、共感を示す
ことと言われています。


聞き手が自分の聞きたいことを聞くのではなく、
話し手が話したいことや伝えたいことを、
受容的・共感的な態度で真摯に聞くことで、
相互理解を行ない、建設的な行動がとれるようにつなげていきます。

傾聴によって、部下の方との会話がきっと変わってくるはずです。
ぜひご参考ください。

コメント一覧
日本ファーストさん
業種:フード、外食|従業員規模:301~1000名|投稿日時:2017/06/29 12:15
「傾聴」とは、カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーションスキルの一つです。
自分の訊きたいことを訊くのではなく、相手が話したいこと、伝えたいことを、受容的・共感的な態度で真摯に“聴く”行為や技法を指します。それによって相手への理解を深めると同時に、相手も自分自身に対する理解を深め、納得のいく判断や結論に到達できるようサポートするのが傾聴のねらいです。

従来の強権的なリーダーシップ論ではなくカウンセリングやコーチングを主とした、相手に寄り添い、相手の自発性に呼びかけるような手法です

▲