業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

応募者の心を引き付ける面接とは?

面接担当者として参考にすべき、
応募者の心を引き付ける面接手法があれば教えてください。

A

他社の人事担当者に聞いた
応募者の心を引き付ける面接手法をご紹介します。せひ、ご参考ください。

+++++++++++++++++++++++++
(1)お見合いがお手本!
+++++++++++++++++++++++++
 お見合いの席を想像すると良いと思うのですが、
 初対面でいきなり「ご両親とは同居していますか?」「財産はどれくらい
 ありますか?」なんて聞いたりしませんよね。最初は世間話などをしつつ、
 相手の趣味や様子など、良いところを見つけて褒めたりしながら、話しやすい
 雰囲気を作りたいところ。それが礼儀ですし、そうした方がより多くの情報を
 得られます。
 (20代・サービス業・男性)

+++++++++++++++++++++++++
(2)笑顔で話しやすい雰囲気をつくる。
+++++++++++++++++++++++++
 これが一番です。たとえば圧迫面接をして、それでストレス耐性が
 分かったとしても、辞退されてしまえば意味がありません。また、
 これから先、応募者の方が当社のお客様になる可能性もあり得ます。
 たとえ、今回ご縁がなかったとしても、当社に対して良い印象を
 持って帰ってもらえるように、と考えています。
 (30代・サービス業・女性)

+++++++++++++++++++++++++
(3)面接の最後に世間話を!
+++++++++++++++++++++++++
 「これで面接は終わります」と言った後、少し世間話をするように
 しています。例えば、他社はどこを受けているかや、現職の会社での
 仕事は実際どうか、というような話を気軽にふるんです。そうすると、
 面接の時には聞けなかったような本音の話が出てくることがあります。
 やはり、緊張せずに本音で話せる場づくりって大切なんだなぁと
 痛感しますね。(20代・金融・女性)

+++++++++++++++++++++++++
(4)希望者には社内見学、エントランスまでお見送り!
+++++++++++++++++++++++++
 面接終了後、希望者には通常の社内の様子を見学してもらっています。
 その際、既存社員がきちんと挨拶すると、「しっかりしている会社」という
 良い印象にも繋がるようです。また、お見送りは「面接に来てもらった」と
 いう感謝も込めて、エレベーターホールではなく、エントランスまで。
 小さな会社ですから、他社よりも親しみやすさで勝負しています。
 (30代・IT・男性)

+++++++++++++++++++++++++
(5)面接後のプロセスをきちんと伝える!
+++++++++++++++++++++++++
 面接の最後に、選考結果の通知方法についてきちんと伝えるように
 しています。例えば「1週間以内に人事部よりメールでお知らせします」
 というように。いつ、どのような形で結果が伝えられるのかは、
 応募者にとって気になるところでしょう。忘れがちな点ですが、
 相手の立場を考えると重要なことだと思っています。(30代・IT・男性)


いかがでしょうか。すぐに真似できそうですね。
取り入れて、ぜひ良い面接の参考にしてください。

▲