業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

採用の際、適性検査は使ったほうが良いですか?

応募者の見極めのために、適性検査は有効と聞きました。
使ったほうが良いですか?

A

まず、適性検査には、職業適性、知能、運転能力、体力、心理テスト、
学力試験など様々なテストがあります。

採用選考や人事管理の場面で使用される適性検査の使用目的は、
主に2つです。
(1)採用や人事・教育の場面で、全体の集団と比較して
 人物を評価したり、社内選抜や配属・教育などに活用する場合
(2)受検者自身が自らのキャリアを考えたり、自己理解による
  就職活動に活用する場合

 また近年では、ストレス耐性やメンタルチェックに活用したり、
 社員のキャリア形成支援の一助として活用するケースが増えています。

適性検査を利用するメリットは、
採用選考時、人事の手間と時間を軽減できることが挙げられます。
企業にとって「欲しい人材・合う人材を採用する」ということは、
どうしても時間や手間がかかります。

テストの有効な使い方によって、より効率的な選考を実現できます。
選考プロセスの中で、時間・手間をかける部分とそうでない部分を分け、
欲しい人材にこそじっくりと選考の手間をかけることが理想です。

また、適性検査の結果が合否判断の一助となることで、
選考精度を高めることができますので、ぜひ一度使用をご検討ください。

▲