業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

自社の魅力がわからない!応募者に伝える「会社の良い所」とは?

面接においては、応募者の見極めだけではなく、
自社の「良い所」を伝える必要があると聞きました。
しかし、弊社のような小さな企業では、応募者の魅力となるような
「良い所」が見つかりません。他社はどうしているのでしょうか?

A

ご質問にあるように、面接は企業側が応募者を
「採用か、不採用か」を判断するだけの場ではなく、
応募者に自社の魅力を伝え、「入社したい!」と動機付けを
行なう場です。

しかし、自社の魅力が見つからない...と仰る人事の声を
伺うことも多々あります。しかし実際に働く社員の方は、
魅力があるからこそ貴社で働いています。ぜひ、一度下記を
参考に自社の魅力について会話し、確認してください。


●企業としての魅力例
 経営者が魅力的(考え方・能力・経歴など)
 事業に成長性がある
 業界から注目されている
 安定した経営基盤がある
 老舗である

●教育等の魅力例
 研修制度が充実
 平等な評価制度
 中途入社のハンデなし

●待遇・環境の魅力例
 給与水準が高い
 昇給が早い
 手当・福利厚生がよい
 休日休暇が多い
 日曜休み
 ポストの数が多い
 幹部候補を目指せる
 社員の結束が強い(仲が良い)
 経営者と距離が近い(社長がさん付け)
 平均年齢が若い
 既婚者が多く活躍

●仕事の魅力例
 お客様との距離が近い
 業務を通じてノウハウを学べる
 がんばった分、給与などで還元
 人・環境のためになる
 世の中で希少な仕事
 感謝される仕事


いかがでしょうか?人事担当者は他社と比較してそうでもないと
思っていたことが、社員の方には魅力となっている項目があるはずです。

それらをまとめると共に、応募者に面接で話ができるように
しておきましょう。ぜひご参考ください。

▲