業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

「衛生要因・動機付け要因」とは何ですか?

働く人が仕事に対して満足や不満を引き起こす要因について学んでいます。
その中で出てくる「衛生要因・動機付け要因」について教えてください。

A

アメリカの臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグが提唱した
動機づけ・衛生理論の中に、以下のような記述があります。

仕事の満足感を引き起こす要因は、不満を引き起こす要因と違う。
不満の要因である「衛生要因」は、いくら取り除いても、
満足感を引き出すことにはつながらず、仕事の満足感を
引き出す「動機づけ要因」にアプローチしなくてはいけない。
そう結論づけています。


また、エン・ジャパン社では上記「ハーズバーグの動機づけ理論」と
「マズローの五段階欲求説」を掛け合わせ、アレンジした
「エン・ジャパン動機づけ理論」を提唱しています。
以下、項目をぜひ、ご参考ください。

●衛生要因
「不満を予防するだけの歯止めの役しか果たさない」
 給与・賞与、休日休暇、福利厚生、
 職場の物理的環境(立地、作業空間、設備、備品等)

●動機づけ要因
「仕事へのやる気を増大させる促進要因は「職場の人間関係」
「仕事それ自体による自己効力感」「共感できる社会性」にある」
(1)『人間関係』 … 周りの上司や同僚と良好な
           人間関係が築けていること
(2)『承認・賞賛』 … 周りの上司や同僚から達成した結果や
            普段の業務を認められること
(3)『達成』 … 仕事を通して達成感を味わえること
(4)『成長』 … 仕事を通して能力を向上させ成長感を味わえること、
         さらに周りに喜んでもらうことで人間的に成長できること
         (喜他・利他の精神)
(5)『責任』 … 責任を持って仕事を任せられること
(6)『貢献』 … 仕事そのもので社会的に貢献している実感が持てること

▲