業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

他社の受動喫煙対策・取組内容を教えてください。

現在、弊社では非喫煙者の受動喫煙対策を検討しています。
他社で多い対策や取組について教えてください。

A

厚生労働省が行なった、労働安全衛生調査(実態調査)の
「受動喫煙防止対策の取組内容」をご紹介します。

何らかの取組を行なう事業所のうち、
導入率がもっとも高かったのは、

●事業所の建物内全体を禁煙。屋外のみ喫煙可 37%

同建物内の非喫煙者に受動喫煙が起きないよう配慮する企業が
多いようです。

また、次点以降では
●事業所内に「閉鎖された」喫煙場所を設置 24.7%
●事業所内に「開放された」喫煙場所を設置 18.9%
●敷地内を含めた事業所全体を禁煙 14.9%
●会議・研修の場所のみ禁煙 1.1%
●事業所では喫煙可能。一定時間の制限(禁煙タイム)を実施 0.8%
となっています。

従業員の安全・健康を守ることが、重要な今、
タバコを吸わない社員に受動喫煙をさせないためにも、
限定した喫煙場所の設置はもちろん、
喫煙者への禁煙啓蒙を検討する時期かもしれません。


【出典】厚生労働省「平成25年 労働安全衛生調査(実態調査)」

コメント一覧
さわっちさん
業種:ファッション|従業員規模:101~300名|投稿日時:2016/03/02 14:47
当社では、かつて分煙室を設置していましたが、厚労省の基準どおりに設置しなかったので扉のすきまなどから煙が漏れ、大きな問題になっていました。
今は館内禁煙なので、こんな問題はなくまりましたが分煙室を設置しようとされている会社は十分調べてからされることをお勧めします。

▲