業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

それでも辞めるなら、出戻り入社の可能性を残そう!

無理に退職意向者を引き留めるより、いつか会社に戻ってこれる
「出戻り社員」の可能性を残そうと考えています。よい方法はありますか?

A

「出戻り社員」は、一度退職して他社で働いたり、独立した社員が、
元の会社で再雇用された場合を指す言葉。

ご質問にあるように、どうしても退職するという優秀な社員には、
自社に戻れる道を残しておくことが一つの手法になりつつあります。

旧来からの日本の就業観では、企業側や本人に抵抗がありましたが、
転職が一般化した現在では、「出戻り社員」を認めるケースが
増えると言われています。

退職時に、数年間は自社に戻れるパスポートを渡しておく。
出戻り制度のチラシを渡しておく。
など、優秀だった社員に届けておくことにより、
可能性を残しておくことが可能になります。

制度化までいかなくても、SNSで繋がっておく、
上司の連絡先を教えておくことも有効です。

他社を経験したことでスキル向上や自社への愛着が深まるとも
言われている「出戻り社員」。ぜひ、ご検討ください。




詳細な調査結果は、下記もご参照ください。
▼ 出戻り社員(再雇用)について
http://partners.en-japan.com/enquetereport/093/

▲