業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

会社の責任!?社員がうつ病の時の「対処方法」

社員がうつ病と診断されました。これは会社の責任なのでしょうか?また、対処方法を教えてください。

A

労働契約法や判例では、会社には
「労働者の心身の健康を損なわないように注意する義務を負う」
という「安全配慮義務」が課せられています。
つまり、「安全で、安心して働ける環境を作るのは会社の責任」です。

長時間労働や職務上の過剰な重責、パワハラ・セクハラ、
イジメなどによる、過労死、精神疾患、体調不良などの問題を
防止するために、会社も策を講じる責任があります。

また、実際にうつなどで休職させる場合には、
就業規則で休職のルールを決めておくことが一番最初にしておくことです。

休職するにも、基準や復職、手続きなどがわからなければ、
社員が不安になるばかりか、「言った、言わない」のトラブルになります。
トラブル回避のためにも、会社のルールブックである就業規則に
休職のルールを定めておくことが重要です。

休職規定を定めておくことで、社員に納得してもらいやすくなるでしょう。

▲