人事のミカタ エン・ジャパンが提供する
採用担当のためのメディア
3つのポイント
  • お役立ち資料
    ダウンロードし放題!
  • 採用・労務の最新
    情報
    を毎週お届け!
  • 会員限定
    プレゼントも!
ログインはこちら
採用に関する
ご相談はこちら
お問い合わせ
本日のブラボー
ありがとうございます!
よろしければ、一言メッセージをお願いします!
よろしければ、コメントをお願い致します。
改善に向けて対応させていただきます。
そのお悩みに!
人事労務Q&A

人事・採用担当者の「ちょっと困った...」をスッキリ解決!

427 ブラボー
8 イマイチ
Q

入社後スグに辞めてしまう人を、面接で見抜くには?

面接時は、前向きで明るい印象をもった人材を中途採用したのですが、
わずか2ヶ月で辞めてしまいました。仕事への能力面でも問題はなかったと
思うのですが、選考時点で見抜く良い方法はありますか?

A

入社後間もなく退職してしまう人の、本人なりの理由で多いのは
「入社前に思っていたのと違った」ということ。
これは「社風」が合わない、「価値観」が違うことが原因であるようです。

特に、勤務時間や残業の有り無し、休日休暇のとり方など、
会社にとってはあたり前になっていることが、転職者からすると
カルチャーショックになるケースが多々あります。
また、営業方法などの仕事の進め方や、決裁の得方などの違いに
戸惑う方も少なくありません。

そのため、面接時に応募者に対して、
「前職ではどのような環境にあったのか」
「勤務時間や残業」、「休日休暇」、「仕事の進め方」などを
具体的に質問すると共に、ご本人がそれに対してどのように
思っているのかを知ることが大切になります。
ぜひ、参考にして面接の質問に加えてください。


また、早期退職を防ぐには、入社後のフォローも重要です。
どんなに転職時に本人の意欲が高くても、環境が「変わる」ということは、
中々大変なことです。入社後1週間後、1ヵ月後位のタイミングで、
採用選考した人からフォロー目的で声を掛け、早めに悩みや誤解を
解消しておくことによって、早期退職を防ぐことに繋がります。


-----------------------------------------------------------------------------

会員登録すると<無料>で、知っておきたい人事労務情報や書式ダウンロードが可能!
【人事のミカタ】会員登録ページはコチラ
https://partners.en-japan.com/registration/



「人事のミカタ」事務局が、人事・採用担当者のご質問にお答えします。 ご質問はこちら
関連するQ&A