人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
人事業務担当者の
「困った...」をスッキリ解決!
人事労務Q&A
人事労務に関する質問に、
エン事務局がお答えします
質問する
0ブラボー
0イマイチ
スメハラ?梅雨時「社員の臭い」問題
社員から、社内の臭いについて相談されました。
気温が高くなるにつれて、隣の席の同僚の体臭や汗の臭いが
耐えられないとのこと。なかなか本人には言い辛いのですが、
「スメハラ」という言葉もあります。どう対応したらよいでしょうか?
気温が高くなるにつれ、クレームが増えそうな臭いの問題。
夏場の汗の臭いなど、社員個人の体臭に関しては、指摘しづらいという
声が聞こえてきます。

体臭以外にも、口臭、煙草臭、香水・柔軟剤の強い芳香、
職場での制汗スプレーや制汗シートの使用に対して、不快感を
持つ方がいるのも事実です。

スメハラ(スメルハラスメント)という言葉が登場しましたが、
臭いの元の本人は無自覚である場合が多く、企業としての対応には、
注意が必要です。

よくある対応としては、
(1)会社全体に気づきを促す
  衛星委員会や人事から社内報での注意喚起や、
  社外のエチケット講座などを活用するなど、社内文化として
  匂いに関するエチケットの意識を向上させる。

(2)就労規約・服装規定に盛り込む
  注意しにくい臭いの問題に関して、全社員が守るべき規則に落とし込むのも
  一つの方法です。服務規律の中の遵守事項の中で、身だしなみの項目や、
  香水の付け方、昼食後の歯磨き、汗のケア、煙草のケアなど、匂いに関して、
  具体的に明記することも可能。これで注意がしやすくなります。

(3)空調機器を充実させる
  サーキュレーターや空気洗浄器を設置しましょう。空気洗浄器には
  脱臭機能があるものもあり、根本の解決にはならなくても、臭いに
  関して緩和ができる可能性があります。

ぜひご参考ください。
人事労務に関する疑問や質問にお答えいたします!
人事労務に関する疑問や質問をお寄せください。
お問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして、このコーナーに掲載していきます。
このサービスを利用するには
会員登録/ログインが必要です。
仮会員の方は、本会員登録後に利用が可能になります。
担当からの連絡をお待ちください。
お役立ち情報
会員登録(無料)