人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
人事業務担当者の
「困った...」をスッキリ解決!
人事労務Q&A
人事労務に関する質問に、
エン事務局がお答えします
質問する
0ブラボー
0イマイチ
高年齢者雇用安定法の改正に伴う人経費増が心配です。良い手立てはありませんか?
改正高年齢者雇用安定法で、希望者全員を65歳まで雇用することが義務化されますが、その際の人件費の増大に悩んでいます。中小企業でその年代の割合が高い弊社では、このままだと、新卒採用などを抑制せざるを得ないのですが、その前にできる対策はあるでしょうか?
2013年4月より施行される今回の法改正は、定年に達した人を引き続き雇用する「継続雇用制度」の対象者を労使協定で限定できる仕組みの廃止などを定めたものです。

ただし改正高年齢者雇用安定法が施行されるまで(2013年3月31日まで)に労使協定により継続雇用制度の対象者を限定する基準を定めた場合は、経過措置として老齢厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢以上の年齢の者について段階的に継続雇用の条件を設定する事ができます。

(参考)老齢厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢
 平成25年4月1日から平成28年3月31日まで 61歳
 平成28年4月1日から平成31年3月31日まで 62歳
 平成31年4月1日から平成34年3月31日まで 63歳
 平成34年4月1日から平成37年3月31日まで 64歳

この経過措置を利用しながら、継続雇用の対象となる者の職務内容と給与を再構築し、若年層へのスキル伝承など働き甲斐がありながらも人件費を抑える仕組みを設けてみてはいかがでしょうか。

経過措置が終われば、65歳まで希望者全員を雇用する事となります。法改正の対象となる高齢者向けの対処療法をするのではなく、退職金制度も併せて賃金体系を抜本的に見直しをし、学卒で入社してから65歳まで働ける仕組みを検討するなどの将来あるべき組織像を見据えた対策も必要かもしれません。

※厚生労働省 高年齢者雇用安定法の改正について
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koureisha/topics/tp120903-1.html
人事労務に関する疑問や質問にお答えいたします!
人事労務に関する疑問や質問をお寄せください。
お問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして、このコーナーに掲載していきます。
このサービスを利用するには
会員登録/ログインが必要です。
仮会員の方は、本会員登録後に利用が可能になります。
担当からの連絡をお待ちください。
お役立ち情報
会員登録(無料)