業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

試用期間の賃金を正式採用後の賃金より低く設定しても大丈夫ですか?

試用期間の賃金について、正式採用後の賃金より低く設定しようと考えています。問題ないでしょうか?

A

都道府県別に決められている地域別の最低賃金を下回らない範囲であれば、試用期間中の賃金を低く設定する事自体は問題ありません。

試用期間中の労働条件は、正式採用後と同じく、就業規則や個別の労働契約によって決まりますので、試用期間中の賃金を正式採用後の賃金に比べて低く設定したい場合は、就業規則や労働契約書にその旨を明記すればよいことになります。

ただし採用後のトラブルを防ぐ意味でも、試用期間中の賃金が低くなることは、募集・採用時に明らかにしておくべきでしょう。明示をしないまま、入社後に試用期間中は賃金が低くなる取り扱いをすると、労働条件の不利益変更にもなりかねません。

また、試用期間中といえどあまりに低い賃金にしてしまうと、よい人材を採用しづらくなります。試用期間中の賃金額を設定する際には、十分にご注意ください。

▲