人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
人事業務担当者の
「困った...」をスッキリ解決!
人事労務Q&A
人事労務に関する質問に、
エン事務局がお答えします
質問する
0ブラボー
0イマイチ
予告無しで退職届を置いて一方的に退職した社員への対応は?
契約社員が予告無しで退職届を置いて一方的に退職しました。就業規則では、少なくとも14日前までに届け出をする事になっています。罰則については就業規則には記されていません。特に罰するつもりはありませんがこの場合、対応としてはどのようなケースがあるのでしょうか?
労働基準法には、事業主から一方的に労働契約を解約する規定(労基法第20条)しか定めておらず、労働者からの労働契約の解約(退職)については何も定めていません。 よって、民法及び労働契約法が適用になります。

民法第627条では、「期間の定めのない労働契約については、各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができ、解約の申し入れから2週間を経過することによって終了する。」と規定されています。ですので、一般的にはどんなに遅刻・欠勤をしても給料が減額されない完全月給制でない限り、退職の意思を申入れすれば出社しなくとも14日を経過すれば労働契約は終了することになります。

もし貴社のご事情で、引継ぎ等が必要であれば、この2週間については、当該社員に連絡し、退職届は受理するものの、就業規則でも民法でも退職の申し出から退職日までは14日間の猶予が必要であることを伝えて、出勤を要請することはできます。

また、引継ぎも必要ないということでしたら、ご本人との話し合いにより、退職日を前倒しにされてもいいかと思います。

ただ、すでに「退職しました」という状態で、手続きも済ませていらっしゃるのであれば、そのまま退職ということでいいかと思います。
人事労務に関する疑問や質問にお答えいたします!
人事労務に関する疑問や質問をお寄せください。
お問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして、このコーナーに掲載していきます。
このサービスを利用するには
会員登録/ログインが必要です。
仮会員の方は、本会員登録後に利用が可能になります。
担当からの連絡をお待ちください。
お役立ち情報
会員登録(無料)