人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
人事業務担当者の
「困った...」をスッキリ解決!
人事労務Q&A
人事労務に関する質問に、
エン事務局がお答えします
質問する
0ブラボー
0イマイチ
中途採用の応募者を採用決定する前に『退職証明』を提出させることはできますか?
中途採用の応募者を採用決定する前に、前職(転職が多ければ至近2社程)の会社から『退職証明』のような書類を提出させることは法的に問題がありますか。これは、退職理由が『病気或いはトラブル』によるかを知りたい目的であります。
中途採用時に応募者に「退職証明書」の提出を求めることは、一般的です。

労働基準法第22条は、解雇や退職をめぐる紛争を防止して、労働者の再就職活動に役立てることを目的に、退職時の証明書を労働者が請求した場合に、その交付を使用者に義務づけています。使用者が労働者より証明書の交付を請求された場合に、これを拒んだり、又は理由もなく遅延して交付したり、労働者から請求されていない事項を証明書に記入したときには、使用者は30万円以下の罰金に処せられます(労働基準法第120条第1号)。

退職時の証明書において、使用者が証明しなければならない事項は、「使用期間」「業務の種類」「地位」「賃金」「退職の事由(解雇の場合は、理由を含む)うちの労働者が請求した事項です。転職についてのノウハウ本等でも、退職事由を記載しないと、応募先の人事に本当の退職理由を疑われるので、記載した方が良い、などの指摘もあり、何かを隠す必要のない応募者は、全ての項目を記載した証明書を出して来ることが一般的です。

退職時の証明書の請求権の時効は、労働基準法第115条により、退職時から2年と解されています。2年を超える分の退職証明の提出を求めることは、現実的ではありません。
人事労務に関する疑問や質問にお答えいたします!
人事労務に関する疑問や質問をお寄せください。
お問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして、このコーナーに掲載していきます。
このサービスを利用するには
会員登録/ログインが必要です。
仮会員の方は、本会員登録後に利用が可能になります。
担当からの連絡をお待ちください。
お役立ち情報
会員登録(無料)