人事のミカタ エン・ジャパンが提供する
採用担当のためのメディア
3つのポイント
  • お役立ち資料
    ダウンロードし放題!
  • 採用・労務の最新
    情報
    を毎週お届け!
  • 会員限定
    プレゼントも!
ログインはこちら
採用に関する
ご相談はこちら
お問い合わせ
本日のブラボー
ありがとうございます!
よろしければ、一言メッセージをお願いします!
よろしければ、コメントをお願い致します。
改善に向けて対応させていただきます。
そのお悩みに!
人事労務Q&A

人事・採用担当者の「ちょっと困った...」をスッキリ解決!

13 ブラボー
1 イマイチ
Q

タックマンモデルとはなんですか?

チームビルディングの話題でたまに見かける「タックマンモデル」について教えてください。

A
タックマンモデルは、チームビルディングに関する考え方の一つで、チームの発展段階を誕生から解散までの5つの段階に分けて捉える概念です。

タックマンモデルは、1960年代に心理学者であるタックマンが提唱した概念で、組織の成長過程を段階的に分けてモデル化したものです。

具体的には、「形成期」「混乱期」「統一期」「機能期」「散会期」の5段階に分かれ、チームが機能するまでに辿る段階に分かれています。

-------------------------------------------
「形成期」
チームができたばかりの段階で、相互理解や目標も定まっていない状態。

「混乱期」
チームのメンバーの相互理解が進み、異なる意見がぶつかりあっている状態で、衝突や混乱を経て、相互理解を進めます。

「統一期」
メンバーが個々を認めあい、チームとして協力できるようになっていく段階。

「機能期」
メンバー一人ひとりが、能動的に行動を起こせる段階。誰かが指示を出さなくても、自分の役割を果たすために行動できる状態です。

「散会期」
チームが目標達成し、活動を終える段階です。
-------------------------------------------

ぜひ参考にしてください。

「人事のミカタ」事務局が、人事・採用担当者のご質問にお答えします。 ご質問はこちら
関連するQ&A