人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
人事業務担当者の
「困った...」をスッキリ解決!
人事労務Q&A
人事労務に関する質問に、
エン事務局がお答えします
質問する
184ブラボー
0イマイチ
単身赴任の規定、何を定めればいい?
本社から支社に単身赴任する社員がおり、赴任規定を作っています。どういった規定があればよいか、他社さんの事例などあればお教えください。
単身赴任の定義、転居に伴う費用負担・休暇、別居手当の金額、帰省旅費の負担などが定めるべきポイントです。
単身赴任の規定において、定めておくべき主な事項は以下の通りです。

(1)単身赴任の定義、許可基準
・他の事業所への転勤が伴うこと
・現在の住居から新勤務場所への通勤時間が〇時間以上かかること
・転居することにより通勤時間が短縮されること

(2)転勤に伴う費用の負担
・転居時の交通費、一時的な宿泊費用
・家財の引越費用
・赴任手当(敷金等の補填のための一時金)

(3)転居のための休暇を認めるかどうか

(4)別居手当(単身赴任手当)の額
・世帯を分離することによる食事代負担増などの実費補填であること

(5)帰省旅費の負担
・月〇回まで
・業務による帰省の場合は支給しない


ちなみに、2015年に厚生労働省が民間企業を対象にした就労条件総合調査によりますと別居手当(単身赴任手当)の月額支給額の平均は、約4万6000円です。1000人以上の大企業は、平均支給額は約4万9千円となっていて、企業の規模が大きいほど支給額も大きくなる傾向にあります。
人事労務に関する疑問や質問にお答えいたします!
人事労務に関する疑問や質問をお寄せください。
お問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして、このコーナーに掲載していきます。
このサービスを利用するには
会員登録/ログインが必要です。
仮会員の方は、本会員登録後に利用が可能になります。
担当からの連絡をお待ちください。
お役立ち情報
会員登録(無料)