人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
人事業務担当者の
「困った...」をスッキリ解決!
人事労務Q&A
人事労務に関する質問に、
エン事務局がお答えします
質問する
3ブラボー
0イマイチ
ストレスチェックとはなんですか?
人事の知人から、会社規模が大きくなると社員のストレスチェックが義務化されると聞きました。そもそもストレスチェックとは何か、導入対象などを教えてください。
「ストレスチェック」とは、社員のメンタル不調を未然に防ぐため、定期的に行なうストレス測定検査のことです。
仕事によるストレスが原因で、メンタルの不調をきたす労働者の数が年々増加しています。その状況を受け、2015 年 12 月、改正された 「労働安全衛生法」により、従業員が 50 人以上いる事業所で、「ストレスチェック」を実施することが義務付けられました。

「ストレスチェック」は、社員に対してストレスに関する質問票(選択回答)を回答させ、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる検査です。義務対象の企業では、年に一回実施する必要があります。

「ストレスチェック」の質問表により、仕事のストレス要因、心身のストレス反応を中心にストレス状況を判断。仕事の量的負担がストレスになっている、仕事の質的負担がストレスになっている、人間関係がストレスになっている、などが把握できるようになっています。

「ストレスチェック」の結果は、社員に通知されますが、会社側は社員が同意しなければ結果を見ることができません。「医師への面接指導が必要」と判断された社員本人から申出があれば、会社側から医師に依頼して面接指導を実施できるようになります。

そのため、「社員のメンタル不調を未然に防ぎたい」という人事労務担当者からは不満の声が聞かれることも多く、メンタルという繊細な問題だけに、制度運用は難しいものと言われています。

※50人以下の事業所でもストレスチェック実施は努力義務とされています。
※契約期間が、1年未満の労働者や、労働時間が通常の労働の所定労働時間の4分の3未満の
 短時間労働者は義務の対象外となります。


--------------
■ ストレスチェックの進め方
--------------

1. 実施方法や社内ルールの策定
ストレスチェックをはじめるまえに、「誰に」「いつ」実施するか、「どんな質問票」を使うか等、会社でルールを決めます。

2. 実施者の選択
ストレスチェックの実施者とは、医師、保健師、厚生労働大臣の勧める研修を受けた看護師・精神保健福祉士の中から選びます。外部委託も可能です。

3 質問表を用意
「ストレスの原因に関する質問項目」、「ストレスによる心身の自覚商事に関する質問項目」、「労働者に対する周囲のサポートに関する質問項目」が網羅されていれば、自社で質問表を作成することも可能です。しかし、現実的ではありませんので、厚生労働省の用意した57の質問票やプログラムをご利用ください。

▼ ストレ スチェック制度 導入マニュアル (厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150709-1.pdf

▼「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」
https://stresscheck.mhlw.go.jp/

--------------
■ ストレスチェック結果の通知、面接指導
--------------

1.結果の通知
医師、保健師、厚生労働大臣の勧める研修を受けた看護師・精神保健福祉士などの実施者から、社員本人に、高ストレスか、医師の面接指導が必要かどうかが通知されます。
※前述の通り、会社側は社員本人が同意しなければ結果を見ることができません。

2. 医師への面接指導
「医師への面接指導が必要」とされた社員から申出があれば、会社側から医師に依頼して面接指導を実施します。その後、医師から就業上の措置と内容について意見を聞き、労働時間の短縮などを実施します。

3.一定集団ごとの分析
ストレスチェック実施者に、一定規模の集団ごとの集計・分析結果を提供してもらいます。結果は職場環境の改善に役立てていきましょう。

--------------
■ ストレスチェック制度による罰則
--------------

義務対象企業でありながら、チェックが実施されないなどの違反があった場合でも、会社側に法的な罰則はありません。しかし、社員のメンタルケアを企業が配慮する流れは今後もなくならず、より一層重要視されていきます。未実施の場合は、ぜひ実施をご検討ください。
人事労務に関する疑問や質問にお答えいたします!
人事労務に関する疑問や質問をお寄せください。
お問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして、このコーナーに掲載していきます。
このサービスを利用するには
会員登録/ログインが必要です。
仮会員の方は、本会員登録後に利用が可能になります。
担当からの連絡をお待ちください。
お役立ち情報
会員登録(無料)