業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

違法残業「月80時間超」で社名公表!「過労死等ゼロ緊急対策」とは?

2016年末に急遽決定したという「過労死等ゼロ緊急対策」について、
教えてください。

A

2016年12月26日。
厚生労働省より、違法な長時間労働の撲滅を目指す緊急対策が発表されました。

名称は、「過労死等ゼロ緊急対策」
違法な長時間労働を放置する企業の社名を、
行政指導段階で公表できるよう基準の改定が行われています。

具体的には、
<これまで>
月100時間以上の違法な長時間労働が3事業所で確認された場合、社名公表

<これから>
月80時間以上の違法な長時間労働が2事業所で確認された場合、社名公表
 -- -

と、基準がより拡大されます。
その背景には、これまでの基準で適用され、社名公表された企業は
1件のみとなり、より実効性のある基準に変更されました。

新基準は2017年の早々に順次運用を開始していきます。
違法な残業時間だけでなく、過労死や過労自殺による労災支給が
2つの事業所であった場合も社名公表対象になります。

今後ますます厳格化される残業問題。
人事としては、常に確認しておきましょう。
ぜひ、以下のページもご参考ください。

出典:「過労死等ゼロ」緊急対策
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/151106-03.pdf

コメント一覧
こうちゃんさん
業種:物流・運輸関連|従業員規模:---|投稿日時:2017/02/21 13:25
超過勤務に関しては、過重な業務ももちろんあるのかもしれませんが、労働者個々の能力に関係する面もあります。それらも含めて使用者側は管理しなくてはいけない、ということは理解していますが、労働にかかわるすべての法があまりにも労働者に甘いのでは、という感じもします。

▲