業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

介護休暇の回数上限が変更!法改正3つのポイント(2)

2017年1月1日から育児・介護休業法が改正されると聞きました。
介護に関して、これまでとの変更のポイントを教えてください。

A

改正のポイントを以下にまとめました。
ご参考ください。


■介護休業
------------------------------------------------------
【分割取得】
今まで:対象家族1人につき、一要介護状態ごとに1回、通算93日まで
改正後:対象家族1人につき、3回を上限として、通算93日まで
------------------------------------------------------
【有期契約労働者の取得要件の緩和】
今まで:○有期契約労働者の要件
    (1)入社1年以上、(2)開始予定日から93日経過後の雇用見込み、
    (3)93日経過後から1年以内に更新されないことが明らかである者を除く
改正後:○有期契約労働者の要件
    (1)入社1年以上、(2)93日経過後から6か月経過後までに更新されないことが
    明らかである者を除く (左記(2)、93日経過後の雇用見込みの要件を削除)
------------------------------------------------------

■介護休暇の半日単位の取得
------------------------------------------------------
今まで:介護が必要な家族1人につき年5日、2人以上につき年10日(1日単位)
改正後:介護が必要な家族1人につき年5日、2人以上につき年10日(半日単位の取得可)

■介護所定労働時間の短縮措置等の要件の変更
------------------------------------------------------
今まで:対象家族1人につき一要介護状態ごとに1回、介護休業と日数を通算して93日
改正後:介護休業とは別に、利用開始から3年の間で2回以上の利用を可能とする

■介護のための所定外労働の免除
------------------------------------------------------
今まで:(無)
改正後:(新設)介護終了までの期間について、所定外労働の免除を請求可

■介護休業等の対象家族の拡大
------------------------------------------------------
今まで:配偶者、父母、子、配偶者の父母、同居かつ扶養している祖父母、兄弟姉妹、孫
改正後:配偶者、父母、子、配偶者の父母、祖父母、兄弟姉妹、孫 (同居・扶養要件を削除)

※出典
改正育児・介護休業法、男女雇用機会均等法の改正について 大阪労働局

▲