業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

本人申し出のもと、本採用時に試用期間より低い給与額を設定する場合、問題はありますでしょうか。

本採用時に試用期間より低い給与額を設定することについて質問です。
弊社では試用期間満了の1ヵ月前に面談実施しています。その面談の際、本採用時は、今より低いランクの給与額でスタートしたいと本人から申し出がありました。確かに、試用期間中の業務レベルに苦戦していたようなので、ランクを下げてスタートするのがよいと感じていますが、このことは問題があるでしょうか。

A

今回のケースのように、あくまでも本人からの申し出がある場合は、双方合意の下でもあるため、問題ないと考えます。

本採用後のトラブル防止のため本人からの申し出があった旨を明確にし書面で合意書を取り交わすと良いでしょう。上記に関わらず、業務レベルによる給与額が明確になっており、そのレベルに見合う給与額に変更する事も可能と考えます。

ただし、試用期間が著しく短かったり、試用期間中の業務レベルが明らかに相応でない場合、会社の権利の濫用に当たる可能性もあるため注意が必要です。また、客観的に判断し、給与額の減額がご本人の著しく不利益とならないよう配慮するべきでしょう。

▲