業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

降格により月給が大幅に下がる社員がいます。問題ないでしょうか?

業績が悪く、降格した社員がいます。職務手当がなくなり、月給総額がこれまでよりかなり下がるのですが、問題ないでしょうか?

A

貴社の人事制度・給与体系が、職位と賃金テーブルが連動するものであり(職務等級制)、人事評価により降格・降職が行われた結果、給与が減額されたということであれば、問題はありません。

ただし降格・降職といいつつも、実際には職務内容に変更がなく、給与額が減額されているようなケースでは、実質として給与そのものの切り下げとなり、労働基準法第91条の減給制裁の規制をうけることになります。

[労働基準法第91条]
就業規則で労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。

また降格の程度が2階級以上に及ぶなど極端な格下げの場合、人事裁量権の濫用により無効とされるケースもありますので、こちらも注意が必要です。

▲