業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

住宅手当を減額したいのですが、問題ありませんか?

福利厚生として設定していた住宅手当を減額したいと考えています。法的に問題はないでしょうか?またどのような手続きが必要でしょうか?

A

住宅手当は労働基準法上の「賃金」に該当しますので、減額を行うとなると、不利益変更の問題が発生します。どうしても減額が必要な場合は、個々の支給対象者に同意を得る等、慎重な対応が必要です。

住宅手当の減額は、賃金体系の変更に際して生じることが多いため、変更の内容、それにより社員に発生するメリット・デメリット等をしっかりと説明し、社員の疑問や質問を十分に聞くなど理解を得る努力をしなければなりません。また減額の度合いや対象社員などの状況によっては、一定の移行期間を設けて、社員の生活に与える影響を軽減する措置も必要でしょう。

ちなみに今回の諸手当の変更のように、既にあるものを変更するという行為は、労働契約の変更に該当します。労働契約は、契約当事者の意思が合致することにより成立するもので、いったん成立した労働契約について、当事者の一方が相手方の同意・了解なしに契約の内容を一方的に変更することはできません。契約内容を変更する(=賃金等の労働条件を変更する)には、労働者から個別に同意を得なければならないとされています(労働契約法第8条)ので、併せてご参考ください。

コメント一覧
日本ファーストさん
業種:フード、外食|従業員規模:301~1000名|投稿日時:2017/06/29 12:27
家族手当・住宅手当は、時代によって必要とされたりされなかったりするケースがあります。今から15年くらいは実力主義で、各種手当を廃止した会社が増えました。今は人手不足解消の手立てとして、再導入・新規導入を検討している会社が多いです。

給与の減額変更は、不利益変更に当たる為、個々への説明が必要となります。実際は、周知徹底させ、会社の決定という名目で署名させてしまうケースがほとんどでしょう。
当社では、減額を周知して1年後に5年にわたって減額をしていくという措置を取りました。

結局納得せずに辞めていく社員もいましたので、慎重且つ丁寧に進めるべきでしょう。

▲