喜びの声、続々!  採用成功企業レポート
トップページに戻る
担当:重久夏樹
「これまでよりも内定者数を増やしたいのだが」…過去、数回にわたって求人広告を掲載してきた株式会社三越 銀座店さんからいただいたリクエストです。このオーダーに応えるために最初に着手したことは“過去の採用結果の分析”。内定が出せる人物像を明確にするところから採用戦略を立てたのです。

どのような応募者が内定に至っているのかを明らかにし、その人材をターゲットに設定するという手法は当初の目的を果たすのみならず、結果的に効率のよい採用活動にも直結。無理なく妥協することもなく、以前よりも多くの人材に内定を出せました。それでは早速、その事例を見ていきましょう。株式会社三越 銀座店さん、おめでとうございます!
File.No 販売スタッフの採用

平均12%の内定率が20%に!応募者の質を高め、選考の効率化を実現。

サービス職 女性の採用
採用結果 ページ閲覧 3678 PV 応募 40 名 採用 8 名
会社データ
会社名 株式会社三越 銀座店
事業内容 ■百貨店業 ■ブランド事業 ■フード・レストラン事業 ■住宅関連事業 ■商品・商事事業 等
従業員数 6541名
設立 1673年(延宝元年)
代表者 代表取締役社長 石塚 邦雄
資本金 374億400万円
売上高 7293億9600万円(2008年2月期実績)
こんな人材を求めた!募集情報
欲しい人材
高卒以上 【未経験者・第二新卒者歓迎】
■「販売の仕事は初めてという方」「社会人経験にブランクのある方」、歓迎。
※前職の雇用形態は問いません。
募集背景
大幅な店舗リニューアルや増床をひかえ、販売スタッフを増員したい。
採用課題
有効応募数が少ないこと。

これまで「三越 銀座店」で採用活動を行なった際、1回の掲載で見込める
応募者は40名前後。40名前後応募があった場合、内定者は5名程度だった。
有効応募数を増やし、内定率をあげたい。
ここがポイント! 採用成功の秘訣
採用成功の秘訣 掲載した原稿を見る
採用者に聞いた!入社の決め手
採用した人のコメント
24歳 女性
四大卒業後、都内のホテルに就職。ブライダル部門に配属される。1年間勤務した後、退職。2008年9月三越に入社し、紳士用品売場でネクタイ・革小物担当として活躍。前職で身につけた接客スキルを活かし、正社員を上回る販売実績を残している。
新卒でホテルに就職したのは、接客がしたかったから。でも、実際にはブライダルの専門部署で仕事をすることに。接客というよりは、営業に近い仕事でした。勤務時間も長く、休みも不安定。長く続けられる仕事ではないなと思ったんです。部署異動もできなかったので転職を決めました。三越に入社することで、お給料も下がりましたし、正社員から契約社員へと雇用形態も変わりました。でも、接客の仕事に集中できる。女性が長く働ける環境がある。そのことに、とても満足しています。
採用した人のコメント
24歳 女性
大学卒業後、山形県のカラオケ店に勤務。正社員として、店長をサポートするリーダーのポジションで活躍する。1年後、退職。2008年9月三越に入社し、ギフトサロン売場に配属される。入社間もない頃から、その活躍は“彼女が入って、さらに売り場に活気がでた”と評判になるほど。非常に勉強熱心な姿勢で、ベテラン社員からの期待も大きい。
“上京したい!東京で働きたい!”というのが転職の動機でした。三越の募集広告を見た時、ここで働きたいって思いましたね。勤務地は銀座。そして百貨店勤務。接客業を極めることもできるなと。特に、贈り物に興味があったんです。人が人に何かを贈ること、そこにこめられた気持ちを大切にしたいと思っていて。だから、ギフトサロン売り場に配属された時は、とても嬉しかったです。
 
採用企業のご担当者コメント 応募者の数、質の両方で、非常に満足しています。応募者の6割が20代の女性。以前の採用活動と比べて、書類選考通過率があがりました。また、面接での選考ポイントの一つにコミュニケーション力があるのですが、この点でも秀でている方が多かったです。高いレベルで選考ができたこと、質の高い人材を多く採用できたことに満足しています。妥協して採用した人は一人もいませんよ。

今回採用した方々には、今後入社する後輩の“将来像”になってほしい。正社員になったり、リーダーにチャレンジしたり。2年後、3年後が非常に楽しみです。今後も、成長を見守りたいですし、今回得たノウハウをもとに後輩の採用も積極的に行なっていきたいと考えています。
採用企業のご担当者
人事 猪俣武史様
このレポートのまとめ
効果的な採用活動を行なうために、過去の結果を振り返ることは欠かせません。
しかし、募集ごとにきちんとデータを蓄積していなければ、振り返ることもできません。

今回の事例で言えば過去の採用活動での母集団数、内定通過人数、採用者の志向性などが把握できていたからこそ、目的を達成するために適切な打ち手が選択できました。もし振り返りによるデータの蓄積がなければ…ターゲットの設定まではできても、有効なベネフィット提示に至れたかどうか、甚だ疑問です。

「妥協して採用した人は一人もいません」という担当者様のコメントは、そのまま株式会社三越 銀座店さんの“採用にかけるこだわり”に置き換えられると思います。募集しっぱなし、採用しっぱなしではなく、きちんと振り返ること。年間の採用計画や恒常的な採用ニーズをお持ちの企業様に、ぜひ参考にしていただきたい事例です。株式会社三越 銀座店さん、本当におめでとうございます!
「採用」は、エンにご相談ください。
(無料)相談フォームへ

▲