1分で読める!統計データ

外国人の雇用状況は?【国籍別外国人労働者の割合】

図は、厚生労働省の「「外国人雇用」の届出状況まとめ」の中から、
「外国人労働者の属性」をグラフ化したものです。

政府が、専門的・技術的分野のスキルを持つ外国人材の登用や、
留学生の受入を進める中、2014年10月末現在、日本で働く外国人労働者の
総数は787,627人。前年同期比で70,123人(9.8%)増加し、2年連続で
過去最高を更新しています。

国籍別に見ると、
[1位] 中国    311,831 人(全体の39.6%)
[2位] ブラジル  94,171 人(同12.0%)
[3位] フィリピン 91,519 人(同11.6%)、
[4位] ベトナム  61,168 人(同7.8%)
の順となっています。



【出典】厚生労働省「「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成26年10月末現在)」
ココが
ポイント!
製造、小売、飲食、情報通信他、様々な業界で雇用が進む外国人労働者。高度な技術や知識を持つ人材も増える中、グローバルな事業を展開したいと考える企業であれば、採用を検討してもよいかもしれません。

▲