1分で読める!統計データ

男性社員も、育児休暇を取得したい?【育児休業制度利用に必要だったこと】

図は、内閣府が発表した「ワーク・ライフ・バランスに関する個人・企業調査」の
中から、「男性の家事育児参加の意識」に関してアンケートした結果を
グラフ化したものです。

育児休業制度の利用意向があった男性社員に対して、
「第一子が1歳6ヶ月になるまでに、「育児休業」を利用しなかった方に、
何があれば、育児休業を取得していたと思いますか?」と質問した結果

1位 職場に男性の育児休業取得に対する理解があれば(48%)
2位 休暇が取りやすい職場であれば(43%)
3位 自分が利用できる育児休業制度があれば(38%)

と、ホンネが垣間見える結果となりました。

また、育児休業の利用意向がなかった男性社員でも
1位と2位は同じ結果。しかし、
3位 同僚に迷惑がかかるという後ろめたさがなければ(24%)

という項目がランクインしています。


【出典】内閣府「ワーク・ライフ・バランスに関する個人・企業調査」(平成25年)
ココが
ポイント!
【パパ社員の育児休業は、まだまだハードルが高い?】育児・介護休業法の改正により、男性の家事・育児への参加が奨励されています。今後を見越して貴社でも検討すべき時期かもしれません。

▲