1分で読める!統計データ

退職理由は何が多い?【転職者が前職を辞めた理由】

図は、厚生労働省の「雇用動向調査結果」の中から、
「転職者が前職を辞めた理由」をグラフ化したものです。

「その他の理由」以外で、転職者が前職を辞めた理由を見ると、
男女共に、もっとも多かったのは「定年・契約期間の満了」。
次いで、「労働時間等の労働条件が悪い」
という回答になっています。

また、退職理由の第3位は、
男性「収入が少ない」
女性「職場の人間関係」
となっており、会社・職場への不満に関して男女の違いが見て取れます。


【出典】厚生労働省「平成26年上半期 雇用動向調査結果」
ココが
ポイント!
求職者の売り手市場となった昨今。転職活動を始める人も増えています。大事な人材が流出しないよう、自社の労働条件・待遇・人間関係他を点検してみてると良いかもしれません。

▲