1分で読める!統計データ

他社の受動喫煙対策は?【受動喫煙防止に関する取組内容】

上のグラフは、「受動喫煙防止対策の取組内容」の調査結果です。

何らかの取り組みを行なう事業所のうち、導入率がもっとも高かったのは、
●事業所の建物内全体を禁煙。屋外のみ喫煙可 37%
同建物内の非喫煙者に受動喫煙が起きないよう配慮する、企業の多さが見て取れます。

また、次点以降の取組に関しては
●事業所内に「閉鎖された」喫煙場所を設置 24.7%
●事業所内に「開放された」喫煙場所を設置 18.9%
喫煙者のために喫煙所を設置する企業が多くなっています。



【出典】厚生労働省「平成25年 労働安全衛生調査(実態調査)」


※厚生労働省では、喫煙室設置のための経費助成を行なっています。
 喫煙室設置をご検討の方は、是非、下記をご参照ください。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049868.html
ココが
ポイント!
従業員の安全・健康を守ることは、企業の重要課題。タバコを吸わない社員に受動喫煙をさせないためにも、限定した喫煙場所の設置はもちろん、喫煙者への禁煙啓蒙も検討する時期かもしれません。

▲