1分で読める!統計データ

他社ではどんな育児支援を実施している?【育児支援制度の導入状況】

図は、企業が従業員の育児を支援するために導入している制度(短時間勤務の措置等)について
ランキング化したものです。

●平成25年度の調査によると、企業が実施している育児支援は

<第1位>「短時間勤務制度」 57.7%
<第2位>「所定外労働の制限」55.2%
<第3位>「始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ」 31.9%

という順位になっています。


▽平成24年7月1日に施行された改正育児・介護休業法。企業には、3歳未満の子どもを持つ従業員に対する短時間勤務の措置や所定外労働の免除等が義務付けられました。詳細を把握しておく必要があるといえます。

 ※[PDF]改正育児・介護休業法が 全面施行されます - 厚生労働省
 www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/pdf/ikuji_h23_9.pdf
 (上記URLを、ブラウザにコピー&ペーストすると、資料がダウンロードできます)

【出典】
平成 25 年度雇用均等基本調査(厚生労働省)
ココが
ポイント!
ランキング1位~3位を見ると、勤務時間に関する取り組みを行なっている企業が多いといえます。まだ支援制度を導入していない場合は、育児する社員の勤務時間を調整することから検討を始めてみてはいかがでしょう?

▲