【PAGE2】転職理由の第1位は?昨年との変化は?
まずはじめに、「転職理由」の総合データをご紹介します。以下は2013年9月に実施した意識調査結果です。
【転職理由(総合) 2013年9月】Q.現在、あなたが「転職を考えている理由」として当てはまるものをお選びください。(複数回答可)
給与に不満がある:45.0%、会社の将来に不安がある:42.3%、仕事内容に不満がある:31.3%、会社の考え・風土が合わない:31.1%、職場の人間関係がよくない、上司や同僚と合わない:23.4%、勤務時間・休日休暇に不満がある:22.2%、職種や業界を変えたい:20.0%、待遇・福利厚生に不満がある:19.2%、雇用形態を変えたい:17.2%、会社からの評価に不満がある:16.6%、精神的なプレッシャーを軽減したい:15.7%、他の会社を経験してみたい:13.5%、会社都合(リストラ・事業縮小など):13.2%、家庭の事情:9.7%、ポスト・役職に不満がある:8.0%、結婚・出産のため:3.1%、他によい仕事(会社)が見つかった:2.2%、その他:6.0%
つづいて、2012年11月に行なった同様の調査結果も見てみましょう。
【転職理由 2012年11月】Q.「転職を考えている理由として当てはまるものをお選びください。(複数回答可)
会社の将来に不安がある:39%、給与に不満がある:31%、仕事内容に不満がある:25%、会社の考え・風土が合わない:25%、会社都合(リストラ・事業縮小など):24%、仕事の幅を広げたい:22%、仕事を変えたい:20%、勤務時間・休日休暇等の勤務条件がよくない:19%、待遇に不満がある:18%、会社からの評価に不満がある:15%、他の会社を経験してみたい:14%、職場の人間関係がよくない:12%、家庭の事情:9%、結婚・出産:2%、他によい仕事(会社)が見つかった:1%、その他:17%
2013年の転職理由第1位は「給与に不満がある」、2位は「会社の将来に不安がある」、3位は「仕事内容に不満がある」となりました。

2012年に行った同様のアンケート結果とは1位と2位が逆転しています。また、2012年には5位にランクインしていた「会社都合(リストラ・事業縮小など)」が、2013年の調査では13位と後退。景気回復とともに、将来性や事業縮小といった会社の経営に対する不安が薄れ、反対に給与や仕事内容、人間関係といった個々人の問題に関心が移っているようです。「仕事が増えている中で給与が上がらないことに不満」「新しい仕事にチャレンジしたい」といった声も多く見受けられました。