【PAGE3】職種未経験者の「入社後の活躍」について(1)
ここからは2ページにわたって、職種未経験者の入社後の実態についてご紹介します。
Q.「募集する職種と異なる職種の経験者を採用したことがある」と回答された方に伺います。職種を転換して入社された方は、活躍していますか?
活躍している:80%、活躍していない:5%、退職した:15%
入社後はゼロからのスタートに等しい努力が必要な職種未経験者ですが、実に約80%の方が現在活躍中との結果が得られました。さらに人事担当者に詳しく伺うとさまざまな利点が浮かび上がってきました。
Q. 募集職種の経験とは異なる職種経験者を採用して良かったことを教えてください
経験がない分、上司と相談しながら業務を行なうことに。それが結果として良好なコミュニケーションとなっている点。既存知識がないので教えた通りに業務にあたってくれるし、本人もくせがなくどんどん吸収してくれる。
異業種において顧客対応力を身につけていたこと。事務の募集だったのですが、前職で店舗での販売やホテルの宴会担当の経験を持っていました。そのおかげで気くばりが自然にでき、事務以外の対応も丁寧にこなしてくれています。
経験のない方のほうが積極的に指導を受けてくれるし、飲みこみも早いです。早く慣れようと意欲的に仕事に取り組む点は未経験者ならでは。能力だけでなく人柄も重視した採用ができたので社風や企業文化、理念との不一致もありません
同じ業界で別職種に就いていたので、商品の特性や業界の慣習などは理解済み。その点で新しい仕事でも特に飲み込みが早かった。もちろん面接でもご自身でかなり学習してもらうことを伝えましたが、やる気に満ちていて問題ありませんでした。即戦力に近い採用といえますね。