採用、そして社員の定着にも役立つ! 2008年採用動向予測レポート(求職者編) PAGE1

2008年、求職者の動きはいかに?
本格的な売り手市場に突入した2007年。若手を中心に「採用が難しい」という声が多く聞かれた。そんな2007年も残り1ヶ月となり、2008年の採用活動を考える時期を迎えた。

そこで今回は、2008年の採用動向を占うべく、求職者の転職意識についての調査をおこなった。まずは、現時点での求職者の意識について年代別に細かく調べた。そして、2005年と2007年の転職意向を比較し、どのような方向への意識変化がおこっているのかを探った。

以下のグラフにあるように、転職経験者の76% もの人から、「転職をして良かった」という回答が寄せられている。採用活動の目的は、採用そしてその後の活躍だ。ぜひ、今回の調査を採用・そして採用後の活躍に活かしていただきたい。
Q 転職してよかったと思いますか?
非常によかったと思う:22%、よかったと思う:54%、あまりよかったとは思えない:16%、よかったとは思えない:8%
今回のアンケート結果によれば、これまで転職活動を経験された方のなかで76%の方が転職をして「非常によかったと思う」「よかったと思う」と回答している。