「ターゲット人材を抜群のコストパフォーマンスで採用する秘訣」

有効求人倍率の上昇、来たる採用難の時代に「ターゲット人材を抜群のコストパフォーマンスで採用する秘訣」
Page1  ターゲット人材の採用を成功させるために
全国平均の有効求人倍率は上昇を続け、この4月には全国平均で、1.04倍を記録。実にバブル全盛期直前の1988年7月と同じ水準を記録した。

バブル当時。企業各社は人材を採用するために多大なコストを投下。求人情報誌、新聞等を使って激しい人材獲得戦を繰り広げた。中には、TVCMを利用する企業もあった。が、多大な採用コストを投下しても各社はこう言った。「良い人材がなかなか採用できない」と。そして、今、バブル期と同様に採用を巡る環境は厳しくなっている。

その厳しさに伴って、求人企業の採用ニーズは多様化。採用課題も各社各様の様相を呈している。採用を巡る環境が激化している2006年7月。企業の採用ニーズや課題の多様化に対応するべく、[en]社会人の転職情報(現:エン転職)が3年振りに大リニューアルをした。そこで、今回はこの[en]社会人の転職情報(現:エン転職)のリニューアルを題材としながら、採れない時代に必要な採用成功の方法論を探っていきたい。

エン・ジャパンのサイトを統括する川本氏、スカウトのプロフェッショナルである森井氏、そして、大手からベンチャー企業まで数多くの企業の採用を成功させてきた鈴木氏へのインタビューから、人材が採れない時代の採用成功術を考えていきたい。
有効求人倍率全国平均