今、採るべき人材とは?『優秀な人材を採用できる“採用基準の設定方法”』

今、採るべき人材とは?『優秀な人材を採用できる“採用基準の設定方法”』
優秀な人材が欲しいのだが、採用ができない・・・
企業の採用基準が「高すぎる」と感じる Yes 92%
「新規事業を立ち上げられる」「特別な専門性を持っている」
そんな『優秀な人材』を求めている企業は多い。

しかしその一方で、私達のもとには、経営者や人事担当の方から「優秀な人材は、なかなか採用できない」という声が寄せられているのが実態である。

採用できない原因は、どこにあるのだろうか?

頭に浮かぶだけでも「企業力」「採用のやり方」「利用する求人媒体」等、様々な要因が考えられる。その中でも、今回は『採用基準の設定方法』という点に注目してみたい。

人材紹介会社のコンサルタント対して、採用基準に関するアンケートを取ったところ、90%以上のコンサルタントが『企業が求める採用基準が「高すぎる」』と回答した。高すぎる、つまり「市場の状況と乖離した」採用基準をもとにして採用活動を進めると、基準を満たす人材にはなかなか出会うことができず、結果的に採用活動が失敗に終わってしまうことが多いようだ。

求める人材を採用するためには、企業はどのように採用基準を捉え、設定してゆけばよいのだろうか?今回の特集では、この疑問をテーマとして考えていきたい。今回の特集は、貴社にとっての「優秀な人材」の基準を明確にし、採用成功するための一助になるはずである。